絢子様明治神宮でご結婚!素敵な十二単をご紹介!歴代の時代十二単も紹介!

絢子さまご結婚おめでとうございます。

明治神宮で守屋さんにお出迎えされてとても幸せそうです。

そのお幸せな笑顔で身にまとわれている
十二単をご紹介してみましょう。

また、歴代の十二単を見て楽しんでみましょう。

もしも十二単に憧れを持ってる方は、
ご自身の結婚式にイメージを膨らませてみましょう。

 

2016年10月29日 守谷絢子さま
(高円宮家の三女・28)
明治神宮にてご結婚

 

日本郵船 社員の守谷(もりや)慧(けい)さん(32)とご結婚
とっても小顔な子守さんとお幸せそうです。

絢子さまの髪型はおすべらかし
十二単は三笠宮家からお借りになられた袿袴(けいこ)を着用

秋色の紫や赤、そして元気な印象のある晴れやかな黄色の十二単です❣

とっても鮮やかな赤や黄色の衣装がとってもお似合いです。

三笠宮家から借りた袿袴(けいこ)は、
お姉さまの典子さまもお召になりました。

サムシングオールドといった、
「古いものを身に着けた花嫁は幸せになれる」という
言い伝えもあるので、素敵なことですね。


絢子さまの髪型は「おすべらかし」

「おおすべらかし」ともいい、髪を
肩や背中の辺りで緩やかに結ぶ形のもの

後ろでまとめた髪に「長かもじ」
(髪を結ったり垂らしたりする場合に
地毛の足りない部分を補うための添え髪・義髪のこと)
を継ぎ、その長かもじに水引や絵元結などを掛けます。

これが宮廷女官や公家の女性の公式の場での髪とされています。

 

2014年10月6日 千家典子さま(絢子さまの姉)
出雲大社にてご結婚

 

出雲大社の権宮司・千家国麿さんとご結婚
由緒ある家柄のお家へ嫁がれました。

 

典子さまの髪型もおすべらかし

十二単は、三笠宮家からお借りになられた袿袴(けいこ)を着用

鮮やかな赤いろと元気な朝顔柄がお似合いです

 

2005年11月15日 黒田清子様
東京・帝国ホテルにてご結婚


地方公務員(東京都建設局公園緑地部利用促進担当)
黒田 慶樹さんとご結婚

結婚式ではなく、皇室を離れることを神前に告げる儀式

(賢所・皇霊殿・神殿に謁するの儀」にて
十二単をお召になられました。

11月なので秋らしい赤や紫のお着物です。

1993年6月9日 皇太子妃 雅子様

 

皇居にある宮中三殿にて 皇室の儀式(結婚の儀)

6月にご結婚なさったので、

緑や黄色といった爽やかな色彩の十二単

 

1990年6月29日 秋篠宮妃殿下 紀子様 

皇居にある宮中三殿にて 皇室の儀式(結婚の儀)

6月にご結婚なさったので
緑や青といった爽やかな色彩の十二単

1959年4月10日 グレース公妃 美智子様

 

 

その後、1990年11月 天皇即位礼正殿の儀の際

1991年 立太子の礼
天皇陛下は黄櫨染御袍
美智子さまは十二単の略装(唐衣、五衣や裳は着けない小袿姿)
徳仁親王殿下は黄丹袍を着用

 

白い十二単
江戸時代に女帝が神事にお召しになったもの

皇后陛下の儀式服としては大正の即位の礼から定められました。

単・五衣・打衣・表着・唐衣はすべて白の平絹
裏のあるものはその裏も表と同じ白の平絹

また裳については、大腰・引腰・小腰なども表裏ともに
白平絹で白糸の上指しり

長袴だけは生地は表裏とも平絹で
ほんのりとした薄紅色

時代の流れと、風格を感じさせる十二単です

 

1984年12月6日
高円宮妃久子様 (絢子様のお母様)ご結婚

 

12月
紫と赤の冬色の十二単がお似合いです

 

1964年 常陸宮妃華子さま ご結婚

 

はっきりとしたお色目の十二単が素敵です

 

いろんなお色や柄のある十二単

重いそうですがそんな、
重さを感じさせない風格を皇室の皆様はお持ちです。

艶やかな十二単を三笠宮家からお借りになるなど
金銭面のやりくりの上手さもまた感じられます。

十二単に憧れのある未来の花嫁さんには
魅力的な十二単です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください