オリジナル引き菓子を準備して結婚式で最高のおもてなしを

日本の結婚式文化では必ずお持ち帰り頂く引菓子。

どんな御菓子にしようか
悩まれる方も多いのではないでしょうか。

招待した人数が多くても
ご家族の場合は1個の準備で大丈夫です。

結婚式の規模が大きくなると準備する
引菓子の量も多く作って頂ける御菓子を
選ばないといけません。

一般的に結婚式でよく用いられる引菓子でも
素敵だと思います。

よく用いられるということは見た目もお味も美味しくて
間違いない引菓子ということになるからです。

しかしながらみんなと同じでは面白くないと感じられる
方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな引菓子を求めておられる方にはピッタリ。

結婚式に素敵なオリジナリティーにあれた引き菓子を
準備しておもてなしを更に良いものにしていきましょう。

私が付けた引菓子とレアー感たっぷりの引菓子に
ついてご紹介していきます。

必ず必要な引菓子なので参考にしてみてください。

 

結婚式に付けるオリジナリティーのある引菓子とは

おめでたいお菓子というのが前提になります。

おめでたいお菓子といえどもどんなものなのか
漠然としすぎてわからないですよね。

例えば丸いお菓子も「丸く円満に収まる」
という意味合いからおめでたいお菓子の一つになります。

 

長久堂 えくぼ上用饅頭

具体的な菓子名で言うと和菓子なら
「紅白上用饅頭」「えくぼ上用饅頭」が用いられます。

中を二重の餡にして重なるというおめでたい意味を
含ませる場合もあります。

私は京都北山にあるにある長久堂というお店で
引菓子とは別の内祝の目的で
えくぼ上用饅頭をオーダメイドさせていただきました。

このえくぼ上用饅頭を引菓子として使われる場合もあります。

 

特長と種類

一般的な上用饅頭にえくぼと言われる赤い点を付けて
紅白を意味したおめでたい和菓子です。

 

日持ち

生和菓子になるので日持ちはしません。
当日中のお日持ちになります。

日持ちがしないところは欠点と言えるでしょう。

 

価格

予約注文になります。

よく目にする生和菓子の大きさの場合は
お箱入りで900円程度です。

もう少し大きいサイズになると
お箱入りで1500円程度になります。

 

注文から手元に届くまでの時間

予約注文になりますが
必要な数によって期間は異なります。

1週間あれば大丈夫なことが多いですが
店舗に確認して早い目の注文を心がけましょう。

お問い合わせ先

京都市北区上賀茂畔勝町97-3

TEL:075-712-4405

長久堂に関しては
蓬莱山という和菓子でケーキ入刀をする際に
注文したお店です。

長久堂の蓬莱山という和菓子に興味がある方
こちらを御覧ください。

 

クラブハリエ・バームクーヘン

丸い物に加えて層になって重なるという意味で
おめでたいお菓子としてよく使われるのが
「バームクーヘン」です。

バームクーヘンについては
多くの会社で生産しています。

私がオススメなのは滋賀県に本店がある
クラブハリエのバームクーヘンです。

東京都内の百貨店にも出店しています。

配送も承っておられます。

特長と種類

ふんわり食感の生地が魅力的でとても優しい甘さと
バターの香りが特長のバームクーヘンです。

 

日持ち

真空になっているので1週間のお日持ちです。

価格

様ざなな大きさが準備されていて
1000円~5000円までバリエーションが豊富です。

小さいバームクーヘンのお詰合せも出来ます。

注文から手元に届くまでの時間

当日販売も行われているので
それほど準備期間が必要なわけではありません。

数が多くなる場合は予約が必要となりますので
各店舗にお問い合わせください。

 

お問い合わせ先

滋賀県には7店舗有ります。
その店舗の一つであるラコリーナ近江八幡について記します。

滋賀県近江八幡市北之庄町615-1

TEL:0748-33-6666

営業時間
メインショップ/カフェ 9:00~18:00

年中無休です。

 

ピエール・エルメ・パリ パウンドケーキ

私が引菓子として付けたのは
結婚式を行った会場限定の
「丸い形をしたパウンドケーキ」です。

私が行った会場には洋菓子のマカロンで有名な
「ピエール・エルメ・パリ」が出店されていました。

ですから普段、他の店舗では購入出来ないという意味で
レアー感があり、珍しいお菓子であったので
結婚式場がらお願いをしました。

特長と種類

限定の商品は1点のみショコラオランジュです。

ココアの風味としっかりとしたチョコレートの
お味で濃厚なパウンドケーキです。

オレンジピールをふんだんに使ってあるので
オレンジの香りが素敵に漂います。

日持ち

10日間程度です。

 

価格

赤いお箱入りで2000円程度です。
とてもお手頃な引菓子と言えましょう。

注文から手元に届くまでの時間

結婚式会場からの注文だったので事前予約で
注文させていただきました。

1週間の期間があれば対応して頂けます。

お問い合わせ先

ピエール・エルメ・パリについては東京の青山が本店です。

東京青山店について記します。

東京都 渋谷区 神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山 1F

TEL:03-5485-7766

営業時間  11:00 close 20:00
年中無休です。

結婚式場から注文していただいたものや
提携のあるデパートで取扱のあるものについては
その商品のお値段のみで準備して頂けますが
他店舗で準備したものに関しては
一般的に持ち込み料がかかることが多いです。

ですから、持ち込み料がかからない
オリジナリティーのある引菓子としては申し分の無い
引菓子でした。

なお、この洋菓子については日持ちに関しては
10日間ありました。

日持ちがするお菓子といった意味でも
理にかなった引菓子と言えるでしょう。

結婚式場限定の商品がある場合は
それを選ぶのもスムーズでオリジナリティーもあり
素敵な方法だと思います。

結婚式に付けるレアー感のある引菓子とは

結婚式場から注文できる引菓子では
一般的すぎて満足出来ない。

そんな方にオススメなのが予約注文のお菓子です。

村上開新堂 京都・寺町

京都の寺町二条にある明治創業の老舗洋菓子店です。

昔ながらの素朴な味わいであっさりしているので
何個でも食べられてしまう・・・そんな素敵なクッキーです。

 

特長と種類

クリームがサンドされたクッキーから
丸い形のクッキーまで様々な種類のクッキーが
昔ながらのシンプルな缶にぎっしり詰められています。

クッキーの種類は11種類。

食べる時にどれを食べよか楽しみながら
食べられること間違いありません。

日持ち

クッキーのお日持ちは製造日より夏期45日
冬期60日となり常温での保存です。

 

価格

大缶(680g 縦23.0cm×横16.0cm×高さ6.5cm)は6000円程度
小缶(540g 縦21.0cm×横14.0cm×高さ6.5cm)は4500円程度です。

引菓子の相場として考えるとお高い目です。

 

注文から手元に届くまでの時間

人気商品のため手元に届くまでにお時間がかかります。

私が注文したときは3ヶ月まちだったのですが
2018年11月に注文する場合は半年後の受け取りとなります。

発送知ていただくことも出来ます。

 

その他の商品

ちょっと高すぎると思われる方には
予約注文ではありませんが同じく人気の高い
ロシアケーキがおおすすめです。

詰め合わせ自由でお値段も張設することが出来ます。

ただし、結婚式の引菓子となると大量の注文となるため
予めの予約が必要になります。

店舗にて確認してみてください。

お問い合わせ先

京都市中京区寺町通二条上ル東側

TEL:075-231-1058

営業時間 10:00~18:00

定休日は日曜・祝日・第3月曜 です。

 

山本道子の店

東京半蔵門にあるクッキー専門店です。

京都とは異なるお店ですが
東京にも「村上開新堂」というお店があります。

明治創業でこちらも老舗にまります。

東京の村上開新堂についてはご紹介制になっていて
紹介者がいないと販売して頂けません。

しかしながらそのすぐとなりに新しく開業された
村上開新堂と同じレシピを使ってクッキーを作っている
「山本道子の店」については予約さえすれば
どなたでも購入することが出来ます。

 

特長と種類

こちらのクッキーはサックリとあっさりとした
とても食べやすい素朴なクッキーなのでオススメです。

人気のマーブルクッキーはココア味と抹茶味の二色に
なっていて見た目も楽しいクッキーです。

クッキー の大きさは直径約4〜5cm
ピンクの可愛いスチール缶
横20.5cm×縦7.5cm×高さ6cm)入です。

 

日持ち

購入から約2ヶ月です。

価格

1870円とお手頃な価格です。

 

注文から手元に届くまでの時間

1~2ヶ月待ちです。
結婚式まで余裕をみて早い目に
予約注文すうるようにしましょう。

 

 

その他の商品

マーブルクッキー以外にもその場で購入できる商品があります。

数量が多い注文になると予約での注文になります。

一般的な焼菓子と言われる商品の
フィナンシェやマドレーヌ、パウンドケーキといった
様々な商品があります。

詰め合わせによってお値段は調整できます。

 

お問い合わせ先

東京都千代田区一番町27

TEL: 03-3261-4883

営業時間10:00 〜 18:00

定休日は日曜・祭日および毎月第1・3土曜日です。

 

結婚式に付ける引菓子とは

なんとなく引菓子って聞いたことあるけれど
実際に準備するとなるの何のこと?

こんな疑問を持たれる方もいらっしゃると思います。

引き菓子とは結婚式や披露宴に出席して頂いた方へ
引き出物に添えて差し上げるお家臣のことを言います。

引き出物である品物と引き菓子と呼ばれるお菓子の
2品を準備するのが一般的な習わしです。

 

引菓子の適したお菓子とは

引菓子という名前のごとくおめでたいお菓子であれば
特に指定の品があるというわけではありません。

とは言え、折角の機会なので帰宅されてからも
「良い結婚式だったよ」ち振り返るきっかけにして頂ける
お菓子にしたいものです。

また、ご出席頂けずお留守番されているご家族にも喜んでもらえる
お菓子を選ぶ選びたいものです。

 

引菓子は誰から送るもの?

引き出物の中で絶対に欠かせないものが引菓子です。
引き出物の品数は地域の習慣によって多少異なりますが
引き出物と引き菓子の二品は必ず贈ることが常識とされています。

引菓子は今回の結婚式の主役である新郎新婦から
準備するお品物になります。

おめでたい正式な送り物については熨斗(のし)を
付ける習慣が日本にはあります。

引菓子については熨斗の宛名を新郎新婦のお名前に
するようにしましょう。

引き出物については両家のご両親から来賓への
お礼の気持を表すために準備するお品物となります。

オリジナリティーにあれた引き出物について
詳しく知りたい方はこちらを御覧ください。

ですから、ちょっと豪華お品物にしたいから1品に統合するなんて
考え方がマナー違反になりますのでご注意ください。

 

予約注文の商品を検討する際の注意点

提携外の商品となるため持ち込み料が
かかってしまうことが多いです。

ウエディングプランナーさんにご相談知てみてください。

相談によっては持ち込み料がお安くなったり
おまけして頂ける場合もあります。

また予約注文なので必要な期日までに時間が必要です。

即注文したからと言って手に入るものではありませんので
予めその準備期間を見越して早い目に
注文するようにしましょう。

ずっと幸せが続く結婚式にするための引菓子にも一手間かけた配慮と注文を

一般的な引菓子でも何ら問題はありませんが
是非オリジナリティーにあふれた珍しい引菓子で
来賓の方へのおもてなしをしてみましょう。

何を選ぶかといことも大切ではありますが、
その選ぶに至るまでのお二人での相談が絆となり
ずっと幸せが続く結婚式につながっていきます。

ある程度の労力をかけて相談をへて
来賓に喜んで頂ける引き菓子選びをしてみてください。

限定品や予約販売については
手元に届くまでに時間がかかります。

予め確認をして必要な期日を逆算して
注文するように心がけてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください