結婚式の開会ご挨拶で新郎新婦一緒に感謝の気持ちを伝えよう

以前は開会の宣言は司会者の方がされていたと思います。

しかしながら、ここ最近の傾向は
開会の宣言に当たる開会のご挨拶を
新郎新婦ご本人で行い会場に二人のために
時間を作って集まってきてくださった方々に
感謝の気持ちを伝える方が増えています。

会場の雰囲気が引き締まっている最初の開会のご挨拶。

緊張で固まってしまいがちですが
新郎新婦二人にとっては結婚式が今から始まる…

そんな気持ちを盛り上る
最初のお仕事のご挨拶。

来賓にとってはこれから始まる結婚式への
期待に胸躍るその瞬間を認識する
貴重の雰囲気を味わうチャンスです。

ずっと幸せが続くために来賓の皆様へ
お二人の感謝と頑張りを一番始めに伝えることで
応援していただくことが出来ます。

是非、ずっと幸せが続く結婚式の
開会のご挨拶を新郎新婦一緒に行って
来賓に感謝の気持ちを伝えてみましょう。

 

結婚式の開会のご挨拶をする人を決める

開会のご挨拶は新郎さん一人でおこなうのか。

新郎新婦さん一緒に二人で行うのか。

司会者の方からしていただくのか。

まずは誰がするのかを決めましょう。

おすすめは新郎さん新婦さん一緒に行う方法です。

二人のための結婚式。

二人で行う機会を増やして共同作業を
してがんばっていきます。

と言った意味合いを込める意味でも新郎さんに
おっ任せするのではなく新郎さん新婦さんお二人で
される方が盛り上がることでしょう。

 

新郎と新婦が二人でする開会のご挨拶の方法

開会のご挨拶を二人でするときめたなら
話し方にはパターンがあります。

二人でおこなうのでそれぞれ息があわないと
ご挨拶がカッコよく決まりません。

是非、カッコよく決められるように
練習をして望みましょう。

原稿を高砂席の中央に来賓に見えないように
置いて頂いて見ながらのご挨拶でも
きっちり息をあわせてできるのであれば良いでしょう。

カッコよく開会の挨拶が決められる
やり方を事前準備して模索してみてください。

わたしの場合は開会のご挨拶は二人で一緒にしました。

練習と打ち合わせをしてのぞみましたが
原稿をある程度みながら確認したから
息を合せてすることが出来たのだと思います。

 

交互に話す方法

新郎パートから始まり1文ずつ追いかけっ子をする要領で
交互に話す方法です。

交互に話すた文章と文章の間に間が空いてしまわないように
テンポよくがなす必要があります。

うまく決まると二人の協力ぶりが手にとってわかるので
とっても素敵な開会の挨拶になります。

ある程度の練習は必要です。

 

前半後半に分けてそれぞれで話す方法

前半の文章は新郎が話し、後半の文章を新婦が話す方法です。

入れ替えが少ないので息を合わせる回数は少なく
間が抜けることなくスムーズに話しやすい方法です。

ぶっつけ本番ではなっく数回は打ち合わせして
練習をしておきましょう。

 

最終文章は二人で声を合わせて話す方法

最後の1文のみ二人で一緒にお話する方法です。

これが最も息と声を合わせておこなわなければ
いけない方法です。

交互に話す方法や前半と後半に分けて話す方法の
最後に加えることもできる方法です。

きっちり練習をして息と声を合わせて
お二人の二人三脚ぶりを発揮してみましょう。

もちろん、事前準備で練習はしておきましょう。

 

 

新郎と新婦が二人でする開会のご挨拶の書き方

文章の構成の基本である
「起・承・転・結」の考え方は同じです。

開会宣言をするような感覚の結婚披露宴を
盛り上げるために行うスピーチですので短く
1~2分程度でスッキリと終わるような文章を作りましょう。

起=来て頂いた来賓に対するお礼

まずは来賓に感謝の気持ちを伝える目的のご挨拶です。

ですから二人のためにお時間を作って結婚式に
来て頂いたお礼をお話しましょう。

 

承=結婚の儀式を無事に終えたご報告

神前結婚式なら特に家族での挙式になります。

来賓全員が結婚式に参加されるわけではありません。

改めてどのようなところでどの様な気持ちで
結婚式を挙げて夫婦となったのかお話ししましょう。

 

転=来賓にお集まり頂いた披露宴の趣旨を說明

今回の披露宴をどの様な気持ちで行うのか。

どの様なおもてなしを準備したのかなど
トピックスとなる1項目を加えてみましょう。

披露宴のおもてなし方法がお料理ならお料理へのこだわりや
余興なのであれば来賓の方に楽しんで頂けるプログラムを
準備したことなど軽く触れる程度でいいでしょう。

 

結=締めとなる結びの一言

披露宴を楽しんで頂くことが目的の一つです。
お楽しみください!といった内容で締める
文章を付けておきましょう。

 

新郎と新婦が二人でする開会のご挨拶の書き方と例文

起承転結に従って私が実際に結婚式で
お話しした文章をご紹介してみましょう。

上司も友人もほどほどにお呼びした結婚式だったので
ある程度堅実な硬い目の文章にしてみました。

息を合わせやすい前半を新郎が話し
後半を新婦が話す方法を採用しました。

どのような来賓の方にでも対応できる無難な文章です。

起(新郎パート)

本日は、少し汗ばむ陽気の中
また、遠路はるばるお越し頂きまして
本当にありがとうございます。

 

承(新郎パート)

さて先ほど、私たちは〇〇神宮の厳かなる神前に
おきまして夫婦の誓いを立ててまいりました。

私たちはこれより夫婦としてお互いを慈しみ手を
取り合って歩んでいけるという喜びとともに
その責任の重さに身の引き締まる思いでございます。

なにより、このような佳き日を迎えることが
きましたのも、ひとえに今日まで育んで
支えていただいた皆様のおかげです。

ささやかではございますが少しでも
これまでの感謝の気持ちをお伝えしたく
皆様をお招きさせていただきました。

 

転(新婦パート)

本日のお料理メニューに関しましては
〇〇ホテルの料理長を始めスタッフの皆様の全面的な
ご協力のもと京都らしさと、私達らしさでおもてなしをと思い
一生懸命考えて準備させていただきました。

とても美味しくまた見た目も楽しく
お召し上がり頂けるものと確信しております。

結(新郎新婦一緒に声を合わせるパート)

短い時間の中行き届かないところもあるかとは
思いますがどうぞ、ごゆっくり楽しい時間を
お過ごし頂けたらと思いますので
お開きまでよろしくお願いいたします。

 

 

新郎新婦が一緒に行う開会のご挨拶で最高のおもてなしを

新郎新婦の緊張度合いから考えると
あっさりと司会者の方の開会のご挨拶に当たる
開会宣言をしていただいても良いのかもしれません。

しかしながら、せっかく会場まで足を運んでくださった
来賓の皆様には是非お二人の位金の合ったお声で
ご挨拶をされてはいかがでしょうか。

また、お二人でご挨拶の内容を考える
共同作業もまたずっと幸せが続く結婚に向けて
絆が深まる大切な時間です。

ずっと幸せが続く結婚式を叶えるためにも
頑張って開会のご挨拶を行うことにより
結婚披露宴をより一層
素敵なものとしてくれることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください