結婚式で感動を呼ぶ母への手紙の魅力的な書き方についてご紹介

結婚式のクライマックスと言えば
新婦がお母様や両親へ感謝の気持ちを伝える
「母への手紙を読むこと」ではないでしょうか。

結婚式のして新しい人生を踏み出す区切りに
今まで当たり前過ぎて言えなかったこと
恥ずかしいので面と向かって言えなかったことを
伝えられるいい機会ではないでしょうか。

ここで読まれた手紙はお母様とだけの会話ではなく
聞いている新郎さんにも今までの思いが伝わり
これからの結婚生活の絆になっていくことでしょう。

また、きいてくださっている来賓の方々にも
新婦さんの温かい心に思い知って頂き
これからの新婚生活を応援して頂ける
そんな時間となります。

でも来賓の皆様が聞かれているので
そんなかしこまった手紙をどうやって
書いたら良いのかわからない・・・

そんなふうに思われる方もいらっしゃるでしょう。

私が母への手紙を書く際に心がけたところや工夫したところを
実際に書いた文章と共にご紹介していきます。

是非ご参考にしてずっと幸せが続く結婚式の締めとしてください。

誰に向けての手紙にするかを決める

母への手紙を書くように言われていますが
特にお母様への思いだけでないといけない
というわけではありません。

これまで育ててきてもらったことを
感謝したいと思うお父様や兄弟に対しても
感謝の気持ちを書くこともまた素敵だと思います。

まずは誰を対象として手紙を書くか考えてみましょう。

私は家族全員に感謝の気持ちを伝えました。

父への思いが強く文字数としては最も多くなり
ついで母への思いを書き、最後に兄弟についても触れました。

但し、触れる人数が多くなると文章量も多くなり
長くなってしまいがちなので気をつけましょう。

 

母への手紙に基本構成

母への手紙といえども文章なので基本的な構造は
学生時代に習ってきたことと同じです。

「起・承・転・結」

こんな4文字熟語を習った記憶があるのではないでしょうか。

学生時代を振り返って思い出してみましょう。

 

「起」

一般的にはなぜこの文章を書き始めるのかなど
「物事の始まり」を書くことを言います。

それを母への手紙に置き換えると
「始まりの挨拶」を書くことに相当します。

まずは対象となる相手への呼びかけから始め
何を伝えたいのかについて書き始めます。

文章例

大好きなお父さん。笑顔の素敵なお母さん。優しいお兄ちゃん。

今日まで私をと近位は厳しくでも暖かく見守ってきてくれて
本当にありがとうございました。

いつもわたしの側にいてくれるのが当たり前でなかなか
素直な思いを伝えることが出来なかったと思います。

この場で是非お便りさせてください。

「承」

「起」の続きを書きます。

それを母への手紙に置き換えると
「家族とのエピソード」を書くことに相当します。

最も印象に残っている出来事や
言いたくても言えなかったあの頃の気持など
過去を振り返って書きたいエピソードを
思い起こしてみましょう。

文章例

忙しくてお休みの少ないお父さんでしたが
毎日小学校まで送ってくれて本当にありがとう。

この時間がお父さんとの思い出を作る貴重な
ひとときだったように思います。

お母さん、私が大学院に進学したり、仕事で岡山や
東京へ行くと決めたりとお母さんの希望とは異なる
働き方をしてきた私をいつも理解してくれて応援
してくれてありがとう。

勝手なことばかりして何一つ親孝行らしいことも
出来ませんでしたが、愛情をたっぷり注いでくれる
お父さんとお母さんの子供として生まれたことを
誇りに思います。

そして本当に幸せでした。

 

「転」

物語の転機または核とんある部分でいわゆる
「山場」と言われるところになります。

それを母への手紙に置き換えると
「未来への決意」を書くことに相当します。

 

文章例

私は◯◯さんと結婚します。

お母さんにはたくさん心配を書けてきました。

しかし、これからは二人でお父さんとお母さん、そして
お兄ちゃんの注いでくれた愛情をまた、次の世代に
反映出来るように、思いやりのある家庭を築くことを
目標に力を合わせて頑張っていきます。

 

「結」

物語の結びとと言われる部分でいわゆる
「結び」に当たるところです。

それを母への手紙に置き換えると
「結びの言葉」を書くことに相当します。

 

文章例

これからの生活は東京となり寂しい思いをさせたり、
またたくさん迷惑をかけると思うけれど、
これからもどうぞよろしくおねがいします。

そして、◯◯さんのお父さん、お母さん、未熟な私ですが
暖かく迎えていただきましてありがとうございます。
先月ご一緒させて頂いた家族旅行で温かい〇〇家の
素晴らしさを実感しました。

これからは娘としてどうぞよろしくお願い致します。

最後に、今、この場所に立てることもまた私一人の力ではなく
ここにお集まり頂きました皆様のおかげだと
心からそう思う次第です。これからもどうぞ、ご指導の
程をよろしくお願い致します。

 

手紙を読む時間の目安

手紙を読む時間の目安は一般的には
会場の皆さまが聞くことに集中できる
2~3分、文字数で言うと1,000文字程度が
目安になります。

しかしながら、ご両親への思いが強かったり
これはどうしても言っておきたい事がある。

と思われる方については時間ががなくなっても
問題ありません。

結婚披露宴が終わってからやっぱり
言っておけばよかった・・・

などと言った後悔が内容に気持ちを伝えられるのが一番です。

私も色々な思いが強すぎて5分程度の文章になってしまいましたが
来賓の皆様は聞き入ってくださって
思いがこみ上げて言葉が詰まる私を応援してくださるなど
とてもあたたかく見ていてくださいます。

安心して思いをここぞとばかりに伝えてみましょう。

 

手紙の渡し方

手紙を結婚披露宴中に読むだけでは心には残りっますが
形としては一瞬で消え去ってしまいます。

ですから私は手紙を色紙に挟んで渡しました。

母がまた思い起こしてもらえるようにしたわけです。

現在はデパートの文房具売場や
Loftや東急ハンズなどでもお取り扱いがある
本になるようになった色紙のな間に入れて渡しました。

周りを寄せ書き風に可愛く装飾してみたり
生まれた時の写真を貼り付けるなど
工夫をこらしてみるさらにとっても素敵な
結婚披露宴になることでしょう。

 

 

ずっと幸せが続く結婚式で素直な気持ちを伝え感動的な母への手紙に

いつもは当たり前過ぎて恥ずかしくて
言葉としてはっきりとした形では
なかなか伝えられない気持ち。

そんな気持ちを是非、結婚披露宴で
お伝してはいかがでしょうか。

言葉に詰まって涙が出ても
来賓は待っていてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください