結婚式で自然とにじみ出てくるお二人らしさを大切に

こんな結婚式は初めて

本当に素敵な結婚式だったよ。

などと、数年後に自然と結婚式の話題となり
微笑ましい雰囲気となるような結婚式。

そんな結婚式がほんとうの意味で
来賓に喜ばれ、来賓が結婚式以降も
新郎新婦の応援団となって支えてもらえる
素敵な結婚式だと言えます。

そんな結婚式はどのようにしたら
できるのでしょうか。

少しづつ紐解いていきましょう。

 

来賓が喜ぶことを考える

結婚式には夫婦の応援団を作る
大きな目的があります。

これは何のために結婚式をするにかという
問いかけと重なります。

何のために結婚式をするのかという問いかけに
ついて詳しく知りたい方はこちらを御覧ください。

夫婦の応援団になってもらうためには
来賓の結婚式での印象を良く思って頂く必要があります。

そのためには精一杯来賓をもてなし
自分達がしたいことよりも
来賓が喜ぶことを考えることが重要です。

結婚式の主役は新郎新婦に見えますが
本当のところは主役は新郎新婦でなく
来賓の皆様なのです。

新郎新婦はおもてなしをすることで
「来賓が喜んでくれて満足」する
喜ばせる側になります。

自分が来賓席に座っている視線で
タイムスケジュールを考え
来賓が喜ぶ顔を想像しながら作り上げた結婚式が
ほんとうの意味で新郎新婦を評価して頂ける
ずっと幸せが続く結婚式なのです。

 

「比較的良い」ではなく「絶対にこれしかない」という思いで

多く結婚式会場で促される準備が
いくつかある項目の中から選ぶという
パターン化された結婚式です。

来賓に喜んでもらえる結婚式を念頭に置きながら
自分がどうしたいかを考えながらBESTを
探していくことです。

ドレスで例えると
数あるドレスの中から
好きな方を選ぶのではなく
これしかないと思えるそんなどれすを
探すことと言えます。

妥協しないBESTを選択して作り上げた結婚式には
「お二人に自然と充実したお二人らしさ」が
にじみ出てきます。

一つ一つ考えて思いを込めて決めた
BESTな物事の積み重ね。

それがさらにお二人からにじみ出る色合いとなり
少しづつ漂ってくるオーラであり
お二人らしさになっていきます。

そして結果として素敵な結婚式という
評価と自信が得られる訳です。

反対に妥協をしていくとテンションが
どんどん下がっていきます。

結婚式の期日は着実にやってきますから
楽しかったはずの結婚式が苦しい準備としか
受け止められなくなり後悔することが出てきます。

後悔しないためにもBESTをイメージして
妥協することなく取り組んでいきましょう。

 

 

結婚式を評価するのは未来のあなた

BESTを選択するべきですが、なにも
最も高級なものを選択するべきだと言っている
わけではありません。

結婚後の実生活でのお金のやりくりも大切です。

いくらの収入があって、いくらの家賃を払って
食費はいくら程度で生活して・・・

といった現実が待っています。

結婚式でゆめ憧れてきたことを
実現することも大切であると同時に
これからの生活設計もまた大切です。

結婚費用と内容のバランスを考えて
結婚後の冷静な自分を設定して
夢や希望を考えると無駄や後悔のない
結婚式が実現できるでしょう。

結婚式を評価するのは「来賓」でもあり
「未来のあなた」でもあります。

 

がんばった分だけ自然と溢れ出るお二人らしさ

一つ一つ考えて作り挙げていく結婚式に
自然とお二人らしさが出てくるものなのです。

選ぶだけのオートマチックな結婚式でなく
来賓に喜んでもらえる
新郎新婦にとってもBESTだったと誇れる
結婚式を作り上げてください。

考えることも煩わしさもありますが
その先にはもっと素敵な充実感と
絆がお二人を待っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください