結婚式の招待状に大切な思いのメッセージを込めて来賓を祝福応援団にしよう

結婚式の3ヶ月前になると
結婚式会場との打ち合わせが始まります。

結婚式会場のウエディングプランナーさんが
話される流れに沿って普通は色々なことを
決めていきます。

その一つに招待状作成があります。
一般的には定型文が準備されており
その定型文の名前をお二人のお名前に
当てはめればスッキリ完成します。

お二人のお名前で招待状を出すのか
ご両親のお名前で招待状を出すのか
ご両親とも相談して決めていきます。

定型文を使うと面倒なことは一切なく
流れ作業で文面は完成されます。

しかしこの文面は単なる連絡手段であって
大切な思いは全く表現されません。

せっかくお二人のためにお集まり頂く
機会なので結婚式を楽しみにして頂けるような
結婚式当日やそれ以降も新郎新婦の応援団として
盛り上げてくださるようなそんな魅力的な
招待状にするのはいかがでしょうか。

お二人にしか出来ないオリジナル招待状を
作成してずっと幸せが続く結婚式になりるように
魅力的な文章で盛り上げていきましょう。

定型文を用いないオリジナル招待状の意義

白いキャンバスに絵を書くことと同じなので
文章の書き方に困ってしまってかなり時間が必要です。

しかしながらこの手間と労力を
かけたという時間が大切なのです。

お二人が相談をしてお互いをもっと
知り合うきっかけになるからです。

その時間はまたお二人の絆と進歩していき
結婚後もまっているであろう困難にも立ち向かえる
強靭で壊れにくいしなやかな柔軟性をもつ
絆が培わせていくのです。

オリジナル文招待状によって来賓が応援団に

定型文を用いた招待状は単なる連絡手段です。

結婚する運びとなったことを丁寧な文章で伝えて
そして結婚式や披露宴の日時を記載するだけだからです。

その連絡事項にとどめるのではなく
結婚に至るまでの大切な思いを盛り込むことで
こんな思いを持ってされる結婚式や披露宴なら
一緒に祝福してあげたいと思って頂ける
ようなオリジナル文のするのがおすすめです。

一緒に祝福してあげたいと思って頂けるということは
これからに結婚後の生活においても
大きな応援団として見守って頂けるということになります。

オリジナル文招待状一つで結婚式や披露宴に来て頂ける
来賓の期待や思いが輝きを持ってきます。

そんな中でできる結婚式はずっと幸せが続く結婚式に
なっていくことでしょう。

 

オンリーワン結婚式へのプロローグ

定型文を用いた招待状ではお二人の思いの
上辺しか伝わることはありません。

しかしながらオリジナル文招待状を送ることで
既にこんな素敵な招待状を送ってくれるなら
祝福を精一杯してあげたいと思いが
来賓の応援団となってくださることで
結婚式そのものに思いが自然と入り
オンリーワン結婚式となるのです。

お二人らしいオンリーワン結婚式は
オリジナル文招待状で既に作られている
といっても過言ではないでしょう。

 

オリジナル文招待状の書き方

ではどの様な文面が来賓者を魅力的世界に
導くものなのでしょうか。

それはお二人のたどってきた奇跡を振り返ること
から始まります。

  • 二人が出会ったときのこと
  • どんな共有する時間をお二人で過ごしてきたのか
  • どんな気持ちで結婚を決めたのか
  • プロポーズされた時の気持ち
  • 結婚しても譲れないこと
  • 家庭の中で作りたい自分の役割
  • これから作りたい家庭

これらを振り返りながら
どのエピソードを招待状に書けばいいのか
検討に検討を繰り返して作っていく。

その作業こそが招待状に命を吹き込み
応援したいと思う祝福しいたいと思うような
オリジナル文に進化していくのです。

 

オリジナル文招待状に込められる大切な思い

特に特別な思いを書く必要はありいません。

お二人が歩んでこられた素直な思いを
率直に書かれることで
オリジナル文に命が吹き込まれて
魅力的な文章になるのです。

そのオリジナル文招待状を受け取られた
来賓が「こんな招待状を受け取ったのは初めてよ。」

「受け取った招待状を読んだだけで
結婚式が楽しみになってきた」

そんなふうに思って頂けたらもう、
ずっと幸せが続く結婚式の半分は
叶えられたものとなることでしょう。

 

 

ずっと幸せが続く結婚式にするためにオリジナル文招待状を作成してみよう

一般的には結婚日時と場所を伝える連絡事項の
招待状にお二人の大切な思いを込めることで
一転してずっと幸せが続く結婚式に進化します。

労力と時間と根気が必要となるぶん
お二人の絆もまた強靭でしなりのある
これからの困難に立ち向かえる
物となっていきます。

その絆づくりもまた大切な事柄なのです。

是非、労力を惜しまずオリジナル文招待状作成に
チャレンジしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください