結婚式でウエデイングドレス購入のメリット・相場・コスパの高さで超お得!

結婚式の衣装はレンタルドレスと
思い込んでいる方も
いらっしゃるかもしれません。

その反面レンタルではなかなか思い通りのものが、
見つからなくて。。。

せっかくのドレスだから思い通りの
ドレスを作りたい・・・

と思いつつも購入したら高いに決まってるじゃない
と思い込んでいませんか?

セミオーダードレスや
フルオーダードレスといった
ウエデイングドレス購入が
超お得にできるんです。

オーダードレスを購入することの
メリットや相場
コスパの高さについて
詳しくご紹介します。


お気に入りのビッタリ似合った
素敵なドレスで
結婚式を盛り上げましょう❣

 

レンタルドレスが主流となっているその実態

ウエデイングドレスの準備=レンタルドレスと
思われている現状を示す数値があります。

ゼクシィ結婚トレンド調査2016
によるとウエデイングドレスを
購入する方の割合は
約13%。

1割あまりの方しか購入しておらず
とても低い数値と言えます。

 

レンタルドレスが普及した時代背景その1

その背景には和装で挙式を行っていた
着物が高価なものであり
貸衣装が
主流だった日本の結婚式事情にあります。

その和装結婚式の着物は貸衣装という流れを
現在も引き継いでいるため
ウエデイングドレスに
置いても購入する意識が根付いていないそうです。

 

レンタルドレスが普及した時代背景その2

着物は裄と丈でサイズ調整ができ
身長が高い方やリーチの長い方には
長いサイズのものが必要です。

洋服ほど細かくサイズを決める必要はなく

衣装を貸す側にとってっも
マルチ対応できやすい着物は
非常に便利な衣装であったと
言えるでしょう。

例えばスレンダーな体型の方が着物を
着る時はタオルをお腹に巻いたりして
補正をしたりすることがあります。

着物はサイズという視点だけで言うと
とてもマルチな衣装なんですね。

 

レンタルドレスの現状

そういった時代背景があったため
レンタルドレスの意識が普及しました。

会場でも
レンタルドレスをすることが前提で
様々な結婚式のパックプランが
準備されてきました。

多くの会場で
自前のドレスを着ようとした場合
持ち込み料がかかるシステムが
導入されています。

相場で言うと3万~10万程度と
設定されています。

ですから
10万円の持ち込み料がかかるのなら
提携の貸し衣装店でレンタルにしよう・・・

という方が現在も多くドレスの購入割合を
低くしているのです。

 

ウエデイングドレス購入のメリット

ウエデイングドレスを購入するメリットは
4つあります。

それらのメリットについて
ご紹介していきましょう。

 

購入メリットその1

自分に最も似合うピッタリサイズの
ドレスで挙式に望めます。

レンタルドレスは背中のデザインで
2~3サイズ幅をもたせ
着られる花嫁さんの体型によって
調節出来るように工夫されています。

ですから少し、胸のあたりに空きがある・・・
体のラインがスッキリ見えない・・・など
ピッタリ身にあっているというわけには
なかなかいきません。

セミオーダードレス
フルオーダードレス
ならその心配はありません。

少しのニュアンスの違いで
似合わないドレスも似合うドレスへと
変身します。

例えば私の場合
憧れのマーメードドレスを着てみましたが
全く似合いませんでした。

私には似合わないニュアンスの
スタイルだったんです。

私が身長も一般的な高さで
スレンダーというわけでも
ないので・・・

アレンジ自由な
オーダードレスは
似合わないというお悩みを
あっという間に解決でします

 

購入メリットその2

レンタルドレスの場合
このドレスはどんな方が
過去に着用したんだろう?
といった不安がよぎることもあると思います。

着用された方々はみんな幸せな
結婚生活を送っておられるのかなあ・・・

なんて着用された方の履歴を知るわけには
もちろんいきません。

ファーストレンタルを選ぶと
初めて袖を通すのはあなたですが
普通は何人もの方が
着用されたものとなるわけです。

そんな心配をする必要は
オーダードレスにはありません。

 

購入メリットその3

レンタルドレスの場合
クリーニングはされているだろうけれど
臭いや汚れなどは大丈夫なのかな・・・

そんな心配が頭をよぎってしまいます。

オーダードレスには
臭いや汚れを心配をすることもありません。


自分だけの新しいドレスで
ヴァージンロードを歩けるのです。

 

購入メリットその4

再度ドレスを着ることも出来ます。

ドレスを着る機会は挙式当日の1回ポッキリ
というわけではありません。

 

前撮り、二次会友人だけの披露パーティー。

最近では新婚旅行でフォトウエデイング。

数年後に愛を再確認しあう
「バウリニューアル」イベント。

様々な場面で着ることが出来ます。

自分が着なくても
親戚や未来のお嫁さんに
着てもらって
幸せを分け合ったり
「幸せの縁担ぎ」だって可能です。

この「幸せの縁担ぎ」について
詳しく知りたい方は
こちらの記事をご覧ください

ドレス購入の相場はいくら?

購入してみたいと思った方
現実問題として
気になるのはその価格・・・

価格をご紹介しながら
ドレスを購入することの
コストパフォマンスの良さを
実感していきましょう❣

 

既成のドレス購入について

関西、関東、各デパートで
「フライダルフェア」
と称して
年に2回催事を行っています。

既に仕立て上がった既成のものを購入できる
年に2回のこのチャンス
「ブライダルフェア」に
タイミングを合わせて
とってもお買い得に
新しいドレスをゲットしてみましょう。

価格としては10~25万円くらいです。

尚、新品のドレスだけでなく
既にレンタルされてお役御免になった
中古のドレスもあります。


まだウエデイングドレスを着る予定はないけど・・・
という方も
どんなデザインのドレスが
どのくらいの価格ゲットできるのか。

一度、足を運ぶことも良いでしょう。

 

セミオーダードレス購入について

決まっている数種類のデザインの中から
気に入ったドレスを選び
花嫁さんの体型にピッタリ
合わせたドレスを作る
サイズオーダーのドレスです。

デザインは既に決まっており
その中から選ぶことになります。

基本の形は変えられないのですが
少しアレンジを効かせてもらえる
ことができます。

とっても嬉しい特典です。

例えば
胸のデザインが丸い2つの波で
胸を強調する形だったとしたら
なだらかな1つのラインに
変更することが出来ます。

肩紐の位置の変更
カラーや素材もハリ感のある
オーガンジにしたいなど
素材の変更も可能です。

変更すると
追加料金は発生します。

依頼するドレスショップで
ご相談してください。

価格帯は10万前後~あります。

こんなプチ変更なら対応して頂けるので

セミオーダーといっても
とってもお得でオリジナルドレスに
変身させることが出来
満足度はアップしますよね。

 

フルオーダードレス購入について

いわゆるオートクチュールと言われるもので
花嫁の思いつくデザインを読み取って
そのイメージを絵コンテにお越してから
理想のデザインに仕立てるオーダーシステムです。

サイズはもちろんのこと
生地やデザインなど
全てにおいて
オリジナルドレスが作れます。

ドレスのお値段はブランド
使用する生地の素材
レースの豪華さスパンコールや
スワロフスキーなど
使用する
装飾の種類や量によってかなり異なります。


100万円以上する場合もありますが
20万円程度から対応して
頂けるところもあります。

お店を選べばリーズナブルに
オートクチュールドレスを
GETすることが出来るのです

 

フルオーダードレスの実際をご紹介

私はオリジナリティーを求めて
オーダードレスを
選びました。


インターネットで検索をして
4件程度
アプローチをした結果。

ノーブランドではありますが
個人の顧客にも対応している
卸のオーダードレスショップに
出会いました。

卸と同じ低価格で作って
頂けるとのことで
即決

貸衣装のお店では
38万円でレンタルしている
ドレスをベースに
アレンジしていただきました。

アレンジして頂いたので
少しお値段の方はアップしましたが
レンタルするのと変わらない
同等の金額で自分だけのオリジナルドレスが
作ることが出来て大満足です

そのオリジナルドレスについては
詳しくこちらの記事で紹介しています。

お店を紹介しておきます。

スポサ京都
(京都市右京区西院東今田町26)

是非、参考にしてみてください。

更に詳しいスポサ京都での
オートクチュールドレスについて
知りたい方はこちらを御覧ください。

 

ホントはとってもオトクなオーダードレス

オートクチュールと言われれば
価格が高くなって
手が出ないと
私も思い込んでいました。

探してみると手が届く範囲で
リーズナブルに作ることも
出来るものなんです。

世界に1つしかない
自分の似合ったぴったりの
ウエデイングドレスで
幸せの瞬間を心に刻んでください❣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください