結婚式当日に生かせるメイクリハーサルのコツと時期についてご紹介

結婚式で着るドレスが決まったら

どんな髪型が似合うのかな?

憧れこの髪型は似合うのかなあ・・・

いつ頃メイクリハーサルってするんだろう?

などと言ったたくさん思いを巡らされることでしょう。

ほんと花嫁さんにとってメイクや髪型は超大事

式場を予約すると、花嫁さんには
メイクリハーサルが1回だけ付いています。

結婚式や披露宴当日に生かせるメイクリハーサルのコツや
リハーサルの内容を後から後悔しないコツに
ついてご紹介して行きましょう。

メイクリハーサルを上手に活用して
後悔のない結婚式ができるように準備をして行きましょう。

 

メイクリハーサルを行う時期

メイクリハーサルとは、披露宴の当日の衣装を着て
ヘアースタイルを決めたり、小物合わせをしたり
文字通り、リハーサルのを行うことを言います。

リハーサルの時期は結婚式の1ヶ月程度前が一般的です。
時期が必ず決まっているものではありません。

私は自前の衣装を着てのリハーサルがしたかったので
衣装の出来上がりを待ってリハーサルを行いました。

ですから時期的には挙式まであと2週間といった忙しい
時期に行いました。

このように融通はきかせてもらえるので
希望がある場合はウエデイングプランナーの方に
相談されると良いでしょう。

時間的には4時間程度必要です。
時間に余裕を持って行動出来る日を選びましょう。

メイクリハーサルは1回のみ無料です。

もし再度検討したくなってもう一度という場合は
有料になりますがリハーサルを再度行ってもらうことは可能です。

4時間もかかりますしやり直しといった無駄な時間を
過ごすのももったいないことです。

やり直すことが無いようしっかりとメイクリハーサルの際に
打ち合わせておくようにしましょう。

結婚式当日に生かせるメイクリハーサルのコツについてご紹介

披露宴会場を決めて衣装も決まるとなると
だんだん、イメージが湧いてどんな髪型にしようかな?

と一人でどんどん考え始めますよね。

素敵なことです。

どんどん考えてイメージを膨らませて行きましょう。

 

気になるヘアースタイルはプリントアウトや保存を

一人で雑誌をみたりインターネット検索をしてるだけじゃ
衣装でも似合う衣装とそうでない衣装があるように
ヘアースタイルや髪飾りなどもまた同じことが言えます。

やってみないとわからない髪型や
付けてみないとわからない髪飾りがあります。

まずはやってみたいヘアースタイルを見つけた際は
印刷しておくか携帯電話に保存して、
メイクリハーサル担当の美容師さんに見せましょう。

実際にヘアースタイルを作って頂く数は数個と
限界はありますが写真を見せて相談しながら
実際にするスタイルを絞っていくと良いでしょう。

 

疑問や言いたいことはその場で遠慮せずに質問しましょう

結婚式当日にヘヤースタイルを変えたいといったことや
自宅に帰ってからやっぱり変えたいなんていうミスマッチが
ないようにするためにもメイクリハーサルでしっかりと
担当の美容師さんと打ち合わせるようにしましょう。

思ったこと、疑問に思ったことはキチンと伝えておきましょう。

言い忘れたことがあれば
後日連絡をとってキチンと伝えいるようにしましょう。

後悔する種は残さないように心がけましょう。

 

メイクリハーサルを写真に収めておくのがオススメ

メイクリハーサルでは本番と同様に衣装が着られるチャンスです。

写真を撮ってあとから再度検討や復習が
出来るようにしておくのもオススメです。

私がメイクリハーサルを行った時は
美容師さんたちが決まったスタイルや
お化粧の色目を結婚式当日でもスムーズに行えるように
記録のための写真を取られていました。

会場によってはメイクリハーサルと
結婚式当日の美容師さんの担当が異なったり
メイクリハーサルと違うイメージのメイクをされたという
ケースを耳にします。

そういったことがないようにするためにも
担当美容師さんにはきちんと記録をお願いしましょう。

結婚式の当日はバタバタして
カメラマンに写真をお願いしている場合は撮っていただきますが
ゆっくり写真を自分で撮っている時間はありません。

メイクリハーサルという1度しかない機会に
素敵で素朴な写真を撮っておくことも良いかもしれません。

私は母への手紙を読んだ後、
手紙をプレゼントする色紙を作成しました。

その色紙はアルバム調にしたのですが
その際にメイクリハーサルで母と一緒に撮った写真を使いました。

本番さながらのメイクが施され綺麗な仕上がりの自分と、
衣装もウエデイングドレスや白無垢と素敵なものばかりです。

結婚披露宴のアイテムに使えるかもしれないですし、
メイクリハーサルそのものの思い出として撮っておくのがオススメです。

 

 

新郎さんのメイクリハーサルはどうなるの?

基本的に新郎さんのメイクリハーサルは付いていません。

希望すれば有料でしていただくことも可能です。

しかしながら口頭での相談や打ち合わせは
新婦さんのメイクリハーサル時に行えば無料で対応して頂けます。

ですから、具体的な髪型のプランについて
新郎さんの場合にも写真などを持ち込んで
相談しておくと良いでしょう。

新郎さんも一緒にメイクリハーサルに参加ることがオススメです。

ヘアースタイルだけでなく
新郎さんのお色直しについても
チェンジする小物やブートニアがある場合や
髪型を少し変化させたい場合などきちんと
打ち合わせをしておきましょう。

新郎さんの衣装や髪型、小物についても
イメージチェンジをしたほうが、新婦さんとの釣り合いがとれて
更に素敵な結婚披露宴になると思います。

 

新郎さんのヘアースタイルの決め方の裏技

私の場合、彼の髪型については
いつもお世話になっている美容師さんに
考案をお願いしました。

彼と一緒に美容室へ行ってカットをして整えたあと
スタイリングの仕上げをする際に
結婚式に似合う髪型を作ってもらいました。

ウエデイング経験のある方であれば
お願いすることが出来ると思います。

そこで若返るボーイッシュなヘアースタイルと
和装に合う、かしこまったスタイルを提案してもらい
写真におさめてメイクリハーサルの時に
担当美容師さんに見せました。

新郎さんについても変化を加えて
普段にない魅力を引き出してあげましょう。

 

新婦さんにとっても新郎さんにとってもメイクリハーサルは大事

思い通りのメイクや髪型になるように
きっちりと打ち合わせをして後悔のないようにしましょう。

結婚式当日だけでなくメイクリハーサルもまた
新郎さんと共に過ごすことがおすすめです。

しっかり新郎さんのヘアースタイルや
衣装にも気を使ってあげましょう。

何回もウエデイングドレスが着られるわけではありません。
一度だけのメイクリハーサルをまた思いっきり楽しんでください。

そして素敵な結婚式にしてください❣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください