超オススメの前撮り!撮影した写真を結婚式の準備にフル活用する方法についてご紹介

結婚式の前撮りはとりたいけれど
結婚式に費用をかけたいから前撮りはやめておこう…

前撮り写真撮影なんてもったいない。

忙しくて前撮りなんてやっている暇はない。

そんなふうにお考えの方もいらっしゃいますでしょうか。

結婚式の当日は、慌ただしくあっという間に時間が経ってしまうものです。

前撮りの写真撮影で半日または1日かけてゆっくり撮って
二人の共同作業を楽しんでは
いかがでしょうか。

前撮りの写真を披露宴でバシバシ使って盛り上げていきましょう。

前撮り写真を撮ることのオススメ理由

前撮り写真とは単に結婚式の前にゆっくりと記念写真を
撮るという意味だけではありません。

もちろん、結婚式当日はやることが沢山ありすぎて
カメラマンを依頼しても
二人の素敵なドレス&タキシード姿を
ゆっくり撮れるかと言われれば
全くそんな時間はありませんでした。

じっくり二人の写真を大階段で撮れたのは
披露宴など全てが終わってからです。

テンションはハイでしたがどうしても疲れた顔に
なってしまうので頑張って笑顔を作っていた記憶があります。

時間も30分程度でした。

 

二人で素敵な衣装を着てゆっくり記念撮影を行い絆を深める

目まぐるしく終わってしまう披露宴だけ素敵なドレスきるなんて
もったいないですよね。

ドレスが着られるチャンスは人生で何回も訪れるものではありません。

記念写真という共同作業で絆を深めていくことも出来ます。

写真は二人の気持ちを合わせて撮るので笑顔やカッコいい姿は
二人の気持ちが合わないとなかなか素敵な写真には反映しません。

見つめ合う機会もそうそうないので前撮りでそんなポーズを撮って
楽しみながら絆を深めていく機会にしてはいかがでしょうか。

 

結婚披露宴の準備に幅広く活用できる

結婚準備の半年から3ヶ月前に前撮り写真を撮っておくと
その写真は披露宴の様々な場所で使えます。

プロフィールムービーに使う

披露宴中にプロフィールムービーを流すのであれば
そのプロフィールムービーを作成する際に使うことが出来ます。

ウエデイングドレス姿や白無垢姿など綺麗な写真で表紙を
飾ることが出来るのでプロフィールムービーの質は上がります。

私はプロフィールムービーを外注化して作っていただきましたが
ストーリーをもたせたドラマのように作って頂いたので
前撮り写真の二人寄り添う写真などがプロフィールムービーの
演出を更に素敵なものとなり大満足の仕上がりとなりました。

来賓からの評価も非常に良かったです。

 

 

エウルカムスペースの飾りに使う

ウエルカムスペースに何を飾るかは案外悩んでしまいます。

前撮り写真があればその写真を引き伸ばしいて
大きなアルバムに入れることはできます。

また前撮り写真を撮るスタジオによっては
期間限定特典で写真をフォトボードにしたものを
プレゼントしてくれるようなサービスがあります。

そのサービスをうまく活用できれは尚お得ですし
サービスが無くてもオプションで作成を
依頼することも出来ます。

記念品贈呈の品物に使う

結婚式に置いて記念品贈呈は多くの方が
されるのではないでしょうか。

記念品にお生花を使われる方も多いかもしれませんが
お花はその時だけのものなので1週間程度で
枯れてしまいます。

お生花は場を華やかにする効果があるので
披露宴を素敵にしてくれるのでそれはそれで良いかもしれません。

例えば、写真立てをプレゼントして
その中に前撮りの写真を忍ばせておくというのも
素敵な記念品のプレゼントになるのではないでしょうか。

私の場合はフォトフレーム付きプレザーブドフラワーを
プレゼントしてその写真立ての中には前撮りの写真を入れました。

しかも、前撮りには両家の家族に参加してもらっていたので
全員集合の写真をフォトフレームに収めることができ
満足度アップの記念品となりました。

どんな記念品を送ったのか、どんなふうな
アレンジをしたのか参考にしてみたいと思われる方は
プリザーブドフラワーで結婚式のサプライズギフトを手作りする方法
を覗いてみてください。

 

結婚披露宴では着れない衣装を着る事ができる

白無垢や色打掛、ウエデイングドレスや色ドレスも着てみたい。

そんなふうに思われる方もいらっしゃるかと思います。

しかしお色直しばかりしていると
退座時間が長くなり折角の披露宴の
内容が薄くなってしまいます。

ですから、結婚式や披露宴で着ることが出来なかった衣装で
前撮り撮影をするのがオススメです。

私の場合は、色打掛を結婚式で着ないことにしたので
色打掛と白無垢での撮影にしました。

色打掛を結婚式当日に借りようとすると30万円以上します。

しかし前撮りでの衣装代は最も高い衣装でも10万円程度の
プラス料金で借りることが出来ます。

 

前撮り写真を撮る場所を選びましょう

前撮りでは、スタジオ内で行うスタジオ撮影と
外の素敵な場所に出かけて撮影を行うロケーション撮影があります。

ロケーション撮影は季節感を感じながら撮影ができるメリットがあります。
スタジオでは使いたいアイテムを効率的に使って
効果のある写真を撮影することが出来ます。

2つの写真撮影場所の特長についてご紹介していきます。

 

ロケーション撮影

断然オススメなのはロケーション撮影。

春のサクラの名所でのロケーション撮影。

夏の避暑地でのロケーション撮影。

秋の紅葉を背景にロケーション撮影。

冬の雪景色とともに情緒あるロケーション撮影。


といったように季節を感じ景色を楽しみながら
撮影することが出来ます。

出来上がった写真に写ったサクラや新緑紅葉や雪化粧もまた素敵です。

 

 

また、衣装によって場所を選ぶこともいいかと思います。

和装なら、お寺や神社がオススメです。

お寺や神社なら庭園や池があったり神前やお堂が数箇所あり
趣の異なる写真を撮ることが出来たりと自然の木々が
色鮮やかにお二人を盛り上げてくれます。

洋装ならチャペルやビーチなどウエデイングドレスが
華やかに映る海やお花畑も素敵です。

ロケーションに出かける場所については
神社仏閣には許可が必要な場合が多いため
各スタジオでプランが決められていることが多いようです。

例えば、私が撮影を行った京都なら和装の場合、
祇園、岡崎、八坂神社、吉田神社、
大覚寺、哲学の道などで
ロケーション撮影が出来るプランがあります。

洋装の場合、鴨川、京都国立博物館
京都府庁前などのプランが準備されています。

その他、例えば、桜の時期でお気に入りの場所が
あるのであれば
その場所を管理する方の許可さえ
自分でとる
ことができれば、撮影は可能とります。

私は、自分で許可をとってサクラの名所でもある
京都山科の毘沙門堂にて
ロケーション撮影をしました。

サクラはもちろんのこと、池のお庭があったり
神社の鳥居があったり、赤いお堂があったり
竹やぶがあったりと、新緑の林があったりと
様々なシチュエーションで撮ることが出来ました。

また、両家の家族にも来てもらい
愛犬とも一緒に写真を撮りました。




私は犬好きなので、とても嬉しかったです。

ロケーション撮影で心配なのが天候です。
雨天の場合はスタジオ撮影に変更するか日程を改めるかになります。

日程変更は仕事の関係などでなかなか難しいかもしれません。
お天気になることを、祈りましょう。

 

スタジオ撮影について

天候に左右されることがないため安心して撮影出来ます。

お手洗いの心配もありません。

スタジオにある背景のスクリーンで様々な雰囲気に変化することが
出来るので
庭園の雰囲気を作ってみたりサクラの雰囲気を作ってみたり
シンプルな壁紙にするなど、お好みにあった背景を選びましょう。

お値段はスタジオ撮影の方がお安いです。

また室内なのでお色直しをすることが出来ます。

色打掛と白無垢、ウエデイングドレスと色ドレスなど
2着の衣装での撮影が容易です。

ロケーション撮影では着替えができないので
大幅な和装から洋装といった大幅なお色直しは出来ません。

 

前撮り写真撮影の所要時間について

撮影時間については予め確認しておきましょう。

1着での撮影の場合は2時間程度、
2着での撮影の場合は4時間程度必要となります。

またロケーション撮影はできるだけ通行人が通らない
早朝がオススメです。

朝6時にスタジオでヘアメイクの準備をして
8時から撮影開始というプランが多いです。

 

サクラに時期や紅葉の時期は撮影を希望される方が
予約が混み合うので
10時スタジオで準備を行い
12時から撮影といった
プランも準備されています。

どうしても、通行の方が写真に写ってしまう
可能性が多くなってしまいます。

ご家族とご一緒に写真を撮られる場合は、撮影の中盤や後半に
来ていただくと
長時間とならずスムーズです。

 

前撮り写真を予約する時期と撮影する時期

前撮りは結婚式の2~3ヶ月前にする方が多いようです。

例えばサクラや紅葉の時期にあわせて半年以上前に
撮影することも良いでしょう。

披露宴の1ヶ月前でも写真撮影は可能です。

しかしながら挙式の準備に追われてしまう時期です。

また前撮りの写真がデーターとして手元に届くには
ヶ月程度かかる場合もあり披露宴で使うことが出来なくなります。

早めの撮影がオススメです。

予約は、サクラや紅葉の季節は1年前から予約は
埋まってしまうことが
あるようです。

前撮りについての準備も早い目に行動するようにしましょう。

 

前撮り写真撮影のお得な予約方法とは

サクラや紅葉の時期を外せば、直前予約で割引が聞く場合が有ります。

その他、ウエデイングフェアに参加すると
ウエルカムボードにも使える大きな写真が
プレゼントされたり、貸衣装代金に割引が付いたりと
お得に前撮りが出来る場合もあります。

特に時期を選ばないわという方にはオススメです。

反対に土日祝の撮影については追加料金が発生する所が
ありますので確認しておきましょう。

 

オススメの写真スタジオ

私がお世話になったのは
「スタジオTVB京都」です。

結婚式の前撮り写真を専門に行なっているスタジオです。

大阪や東京にも店舗があります。

事前予約をする際に1万円の手付金をお支払いし
その他は当日写真撮影が終わってからの
支払いとなります。

衣装のグレードやお色直しの数
ロケーション撮影なのかスタジオ撮影なのか
平日なのか土日祝なのか、アルバムのカット数によって
お値段は変わってきます。

概ね15万円~30万円位です。

 

前撮りで撮った写真を結婚披露宴にフル活用を

ロケーション撮影での前撮りが一番オススメです。

撮りたい場所、着たい衣装、撮影の日程、スタジオの選別を行って
早めに予約を入れて、是非披露宴に活用してください。

披露宴をより素敵にしてくれること間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください