結婚式の席次表にヒストリーを盛り込んで世界に一つのオリジナル冊子を作りましょう

結婚式の席次表ってなんだかしら?と
思われた方もいらっしゃっるかもしれません。

席次表は来賓にとって必ず必要なものなのです。

受付を済ませてその後に受け取るあの冊子。

最近では縦長で三折になった厚紙の内側に
席次表が記載されているスタイルが主流です。

その席次表を画一的な書式ではなく
お二人のヒストリーをたっぷり盛り込んた
冊子スタイルの世界で一つだけの
読み物のするというのはいかがでしょうか。

例えばイラストが上手な方なら
オリジナルキャラクターを載せてることが出来ます。

旅の好きな方であれば「地球の歩き方」に似た
形式で読み物スタイルでお二人のヒストリーを
紹介することだって出来ます。

アイディアを形にする作業に労力が
かかりますが、お二人で絆を深める
機会となります。

是非、結婚式の席次表にお二人のヒストリーを
盛り込んで世界に一つのオリジナル冊子を作ってみましょう。

 

私の作った冊子スタイルの席次表(作成アイデイア例)

冊子スタイルの席次表は外注になります。

私が作成したお店ではこの冊子をヒストリーブックと呼んでいます。

私が作成したヒストリーブックの
作成アイデイアについて紹介します。

大きな中核となるアイデイアは
JR東日本が作成している大人の休日倶楽部という
旅行パンフレットにあります。

そのシックでゴージャスな雰囲気がきにいっていましたので
大人の休日倶楽部風に作成しました。

二人のご挨拶は手書きで丁寧に書きました。

字は下手ですが、丁寧に書くことで気持ちが伝わります。

前撮りの写真表紙に使ったりとふんだんに活用しました。

読み物として楽しんで頂けるよう
招待状にアンケートを記載し回答を得ていたので
その結果を記載しました。

アンケートについては新郎または新婦を
漢字1文字で表現してくださいという内容です。

席次表については背景にホテルの会場の写真を入れ
テーブルには京野菜のイラストを用いました。

 

自由欄には電車に乗ったイメージで列車の中に
いるように写真を配置してアルバムとしました。

電車のイメージは女性に人気の伊豆トレイルです。
そのロゴとにた新郎新婦のイニシャルロゴを作りました。

イニシャルロゴの地紋をバックに
電車アルバムを作成しました。

メニュー表とドリンクメニュー表を
記載し京野菜コラムを記載しました。

中心にはシェフからの一言を書かせて頂きました。
すこし高級感がプラスされます。

 

私たちの思いをたっぷり込めた見る人にも楽しんで頂ける
ヒストリーブックを意識して作成しました。

私のアイデイアは旅行パンフレットを中心にしたアイデイアですが
作ってみたいものを基準に8ページを有効に活用してオリジナルの
席次表冊子を作ってはいかがでしょうか。

 

結婚式の席次表を冊子スタイルにすることのメリット

工夫やアイディア次第で来賓が見たことのない世界でたった一つの
オリジナル席次表冊子をつくることが出来ます。

ご挨拶について丁寧に手書きでも記載することが出来ます。

手書きの挨拶文には気持ちが込められるのでお二人の気持ちを
より素敵かたちで来賓に伝えることが出来ます。

文字の背景に写真を入れることも出来るので
立体感のある素敵な読み物に仕上がります。

自由欄にはお二人が来賓にお伝えしたいことや
お二人の写真などお二人の奇跡を自由に書くことが出来ます。

メニュー表が別にはならず1冊でまとまります。
一般的に記載のないドリンクメニューを乗せることも出来ます。

アイディアさえあればどんどん素敵でオリジナリティーに
あふれた冊子をつくることが出来ます。

面倒な方は例えば挨拶文だけ頑張って作成し
その他についてはお店のサンプルに従って
作成することも出来ます。

 

結婚式の冊子スタイルと一般的な席次表との価格比較

結婚披露宴会場に依頼して作成して頂く
一般的な席次表の価格は1枚当たり900円~1200円程度です。

冊子スタイルの価格はA5版8枚冊子で1200円程度です。
その他に原稿作成料が2万程度かかります。

A3一枚の一般的な席次表とA5版8枚冊子の価値を比較して
お二人が納得する素敵な結婚式を盛り上げる
席次表の作成を考えてみてはいかがでしょうか。

 

結婚式の冊子スタイルの席次表作成に必要な期間

およそ1ヶ月前に原稿が提出できるようにします。

入稿後原稿の修正などのやり取りを数回行い
実際の印刷は挙式1週間前にお手元に
届くように作成して頂けます。

印刷される直前まで修正や冊子数の変更は可能です。

 

作成して頂いたお店

ネスパDD 表参道店
東京都渋谷区神宮前4丁目3−15
TEL:03-6279-4000
で作成しました。

店内には過去に作られた方々のサンプルがたくさん
置いてありネタには尽きません。

アイディアの相談にはもちろん乗っていただいて
色々とユニークな表現方法についてお店の方にも
手伝って発案して頂きました。

たくさんの経験をされているので
アイディアはたくさんお持ちです。

困ったときには助けて頂くとより機転の効いた
素敵なヒストリーブックが仕上がります。

 

一般的な席次表と冊子スタイルの席次表との違い

冊子スタイルの席次表の構成がどの様になっているか
ご存知でない方もいらっしゃると思います。

私も自分が作るまで知りませんでした。

では席次表について振り返ってみましょう。

席次表とは披露宴会場の見取り図に
ゲストの座る位置を記した表のことを言います。

新郎新婦が座る高砂席と言われるメイン卓に向かって
左側に新郎側の来賓が座られ
右側に新婦側の来賓が座られます。
この座り方の位置どりが一般的です。

来賓が座られる位置を示す見取り図ですから
お名前はもちろんのこと肩書きをつけるのが一般的です。

上司や目上の方の来賓が多い場合は特に肩書き付きの
硬い印象の席次表にしましょう。

友人が主体の来賓が多い場合はあえて肩書きを記さない
カジュアルな席次表にする場合もあります。

 

冊子スタイルの席次表とは

大きさはA5と呼ばれるA4の半分のサイズ
B5と呼ばれるB4の半分のサイズがあります。

盛り込みたい情報量によって大きさを決めることが出来ます。

特長としては冊子スタイルの印刷物です。

パンフレットや雑誌に似たイメージで
写真やイラストを入れてカラフルに
アレンジしてくことが出来ます。

3枚の冊子と8枚の冊子があります。

当然のことながら8枚の冊子については
情報量を多く記載することが出来ます。

例えば旅行の好きな方であれば
地球の歩き方の冊子スタイルに作成する
することも出来ます。

るるぶの旅行雑誌風にアレンジすることも出来ます。

お好きな雑誌やイラストイメージに
作成することが出来るのです。

レイアウトの例としては
1枚目:お二人の写真を載せた表紙
2枚め:お二人からのご挨拶・新住所
3枚目:お二人のプロフィール
4-5枚目:席次表
6-7枚目:自由欄(お二人での旅行ガイドや写真など)
8枚目:メニュー表

といった形です。

自由欄にはお二人の来賓にお伝えしたい事柄やお写真など
どのような形でも書くことが出来ます。

 

一般的な席次表とは

A3の厚紙1枚を三つ折りにして縦長にした
スタイルの席次表がよく作られています。

私も最近10年くらいに参列した結婚式を振り返ると
このようなスタイルの席次表が配られていました。

内側には出席者のお名前がお席を示すためにぎっしり
記載されています。

来賓にとっては新郎または新婦どちらかをしか知らない
という方がほとんどでしょう。

ですから裏面には新郎新婦のことをより来賓に知って頂くために
ふたりのプロフィールや馴れ初めなどがを載せられています。

各披露宴会場でそれぞれのエンブレムがあります。

会場によってエンブレムは変わりますが
おおよそ同じ様な印象の画一的なスタイルです。

お二人のご挨拶やプロフィール、
馴れ初めについて記載できるスペースに限りが
あるため情報量としては少ないです。

作成するお二人にとってはフォーマットが
準備されているのでに従って簡単に作れるメリットがあります。

お二人のご挨拶についてはフォーマットに従った
同一の文章を参列した結婚式で拝見する機会が多いです。

このようなシンプルな形式が好き。

自分で考えることがあまりないので
簡単で面倒な書類も少ないので好き
という方もいらっしゃると思います。

 

冊子スタイルのオリジナル席次表でずっと幸せが続く結婚式の素敵な演出を

アイディア次第でとっても素敵なオリジナル席次表になる
冊子スタイルのヒストリーブックがオススメです。

マメな方もそうでない方も一度お店に行かれて
過去に作られてきたヒストリーブックをご覧になったら
ご自身も作ってみたくなることでしょう。

書けた労力の文だけお二人の絆が深まり
ずっと幸せが続く結婚式になっていきます。

準備を楽しみながた作成されるのいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください