奥川恭伸投手の球種を公開!星稜高校から甲子園のヒーローが誕生か?

2018年秋季大会が終わった11月

この早い段階でも
プロ野球のスカウトマンが注目している
高校生に注目してみました

3番目に注目度が高く
評価の高い奥川 恭伸選手

奥川 恭伸の
才能を開花させたその魅力
なども順次ご紹介していきます❣

名前の読み方は?と思う方は
参考にしてください


星稜高校から甲子園のヒーローが誕生
とも言われるその素晴らしくて

豊富な球種を公開!
早く知りたい方はこちらをご覧ください

 

9球団が注目 奥川 恭伸(おくかわ・やすのぶ( 星稜高 )

投手としてスカウト陣から評価の高い
星稜高校の選手
奥川恭伸(おくかわ・やすのぶ)選手

ノーワインドから溜めてクロス気味に早めに着地し
右ヒジを柔らかく使った腕の振りから投げ込む
ピッチングフォームは
キリッととってもカッコいい

 

 

 

数値で示す野球成績

18秋投 5完3
完封
vs 回数 被安 奪三 四死 失点
石川
大会
準々決 金沢高 先発 9 8 10 1 4
決勝戦 遊学館高 3 3 5 1 0
北信越 1回戦 関根学園 先発 4 3 2 0 0
準々決 松本第一 先発 5 1 13 0 0 完封 10者連続奪三
準決勝 東海諏訪 先発 9 5 9 1 0 完封
決勝戦 啓新高 先発 15 9 17 0 2
神宮 2回戦 広陵高 7 3 11 0 0 完封 149㌔
準決勝 高松商業 7 4 11 2 1 149㌔
決勝戦 札幌大谷 1.1 0 3 0 0
合計 60.1 36 82 5 7 防御率 0.60

被安打率5.37   奪三振率12.23   四死球率0.75

 

凄さの見どころ

長身183cm82kg
最速150㌔直球を持つ本格派右腕
右投げ右打ち

ノーワインドから溜めてクロス気味に早めに着地し
右ヒジを柔らかく使った腕の振りから投げ込む投球フォーム

常時140㌔前後から145㌔強
先発登板力もあり力のあるストレート

120㌔台のスライダー
130㌔前後のフォーク
110㌔前後のカーブ
120㌔台のチェンジアップ

力みの無いフォームで140㌔台をマーク
真っすぐで押して変化球で奪三振

その素晴らしい明治神宮大会で
148㌔の投球を出した映像はこちら

フォークについては選抜出場直前にマスター
通学電車内でバインダークリップを

指先でつまむとうい
ボールが引っかかる感覚をつかむ練習で習得
(独自練習法)

遠投110m
50m6秒5

U-18高校日本代表

星稜高では1年春の北信越大会からベンチ入り
1年生ながら同年秋の大会で主戦の座を掴み
9戦中8試合登板し県優勝・北信越準優勝に貢献

2018年の甲子園1回戦・藤蔭戦(8回4失点)で
大台150㌔の投球を披露

松坂大補選手・大谷翔平選手をも超えるであろうその凄さとは

明治神宮大会・高校の部準決勝高松商戦
明治神宮大会の個人最多奪三振記録は
第28回に横浜時代の松坂大輔らが持つ「14」

現在、松坂が所属する中日の米村チーフスカウトは
「松坂が記録を持ってると聞いたけど
7回で交代したけど(9回まで投げれば)
超える力はあるんじゃないかな」
と絶賛して評価

また
大会3試合に登板して
大谷翔平選手をも超える
防御率0.00と圧巻のピッチング

準々決勝広陵戦では
7回規定によりコールド勝ち

7回を3安打無失点で無四球
11奪三振の快投

3回までに7奪三振
第28回大会の横浜・松坂(現中日)が記録した
1試合14奪三振の大会記録(延長戦を除く)を
更新するペース

大会記録も記していきそうな
そのピッチングには
将来の有望性がぎっしり

 

気になる中学時代

石川県 かほく市 生まれ

宇ノ気中学で軟式野球部に所属

中学1年生の冬から投手に専念
中学3年夏に全国大会制覇を達成

「常に笑顔でいることで
観客やいろいろな人を味方につけることが出来る
野手にも安心感を与えられる」

と笑顔の大切さを力説
中学生の頃から素晴らしい心がけです

投球については
大谷選手を凌ぐ成績と言われていますが

どことなく大谷翔平選手を思わせる
有望なルックスかもしれません
(右:奥川恭伸  左:大谷翔平)

経験から身についた心がけだと思いますが
素晴らしい感性の持ち主ですね。

宇ノ気小学校3年から
宇ノ気ブルーサンダーで野球を始める

石川県スポーツ少年団準優勝
河北郡市夏季大会優勝
かほく市招待野球優勝

現在バッテリーを組んでいる
山瀬慎之助選手と
小学校4年生からずっと
バッテリを組んで活躍

「高校でも全国制覇しよう」
と二人で星稜高校の進学を決意

山瀬慎之助選手について
「これまで何千何万球と受けてもらっている
日々の積み重ねが信頼を生んでいる」
とベストバッテリーぶりを表現

 

気になる親

両親とお兄さんの家族構成

宇ノ気ブルーサンダーの名簿には
年上で同じ奥川姓の記載があり

野球を初めたきっかけは
お兄さんなのかもしれません

 

奥川 恭伸選手の凄さをスカウト陣発言から検証

精度の高いピッチングに高評価

オリックス・古屋編成部副部長
「ピンチでもギアチェンジして三振が取れる先発型
球威もコントロールも十分だし
直球を磨いてもらえればさらに楽しみ」

阪神・熊野スカウト
「今年、3年生だったら1位で指名されている選手
145キロ前後を投げられる投手はたくさんいても
これほど完成度の高い投手はいない。松坂クラスです」

中日・中田スカウトディレクター
「カウント球と勝負球のメリハリが利いている三振を狙ってる
わけじゃないんだろうけど、コントロールがいいから
簡単に追い込むことができて結果として三振が増えている」

広島・苑田スカウト統括部長
「あまりこの時期には言わないんだけど来年の1位候補だね」
「モノが違う。力を入れても高めに浮かないし
これだけ投げられたら言うことはない」

DeNA・進藤GM補佐|
「高校生の中では頭1つ抜けている
順調にいけば、来年のドラフトでは
どの球団がくじを引き当てるかという存在になる」

阪神・和田豊テクニカルアドバイザー
「見ての通り、一級品。能力はずば抜けている
スライダーは(打者)一巡目では対応できないでしょう
これからの1年間が楽しみです」

広島・苑田聡彦スカウト統括部長
「担当スカウトは星稜の前に引っ越した方がいいんじゃないかな。
来年のドラフトでは間違いなく1位候補に挙がるでしょう」

中日・中田宗男アマスカウトディレクター
「下半身の使い方に工夫が見えるし、見る度に技術が上がる
球速が出るし、変化球も鋭い。投手としての資質が高く
高校生ではトップクラスでしょう」

2019 ドラフト1位指名の球団別・有力度チェック

東北楽天 阪神 千葉
ロッテ
中日 オリックス 横浜DeNA 日本ハム 巨人 ソフトバンク ヤクルト 西武 広島
佐々木 朗希
( 大船渡 )
及川 雅貴
( 横浜 )
奥川 恭伸
( 星稜 )

赤:指名濃厚・公表
◎:指名の可能性あり
◯:スカウト注目

奥川恭伸選手に9球団が注目
広島は1位指名が濃厚であることを公表し
阪神・中日・横浜DeNAは指名の可能性ありとほのめかし
今後も目の離せない注目度合いです

スカウト注目度は第3位

1位の
佐々木朗希選手(大船渡高校)についても
知りたい方はこちらをご覧ください

2位の
及川雅貴選手(横浜高校)についても
知りたい方はこちらをご覧ください

 

2019 年度春センバツ・夏甲子園への期待

大谷選手を思い浮かべてしまう
その一生懸命なルックス

2018年の明治神宮大会では
防御率0.00

7回コールドゲーム

松坂選手の記録を超えそうな奪三振の
オンパレード

大谷選手・松坂選手同様BIGな今後の活躍に
期待が広がります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください