【プロ注目・ドラフト候補】横浜高校の及川雅貴投手が天才すぎる!

2018年秋季大会が終わった11月

この早い段階でも
プロ注目のドラフト候補
高校生に注目してみました

2番目に注目度が高く
評価の高い及川雅貴選手

及川選手の
才能を開花させたその魅力
などもご紹介順次していきます

名前の読み方も参考にしてください
注意が必要です❣

天才すぎる!
スーパー中学生と称された時代

プロ野球選手との対決
中日ドラゴンズでプレーしている
平田良介選手から三振を奪った

その真相を知りたい方はまずは
こちらをご覧ください

 

天才すぎる!
その魅力的な球種について
早く知りたい方はこちらをご覧ください

10球団が注目 及川 雅貴 (おかわ・まさき)( 横浜高 )

投手としてスカウトの評価も非常に高い

横浜高校の
及川雅貴(おかわ・まさき)選手

セットからタメて上半身を傾けながら重心を下げ
着地早めに左肘を柔らかく使った腕の振りの
ピッチングフォームもまたカッコいい

 

 

数値で示す野球成績

18秋予 回数 被安 奪三 四死 失点
神奈川
大会
2回戦 三浦学苑 先発 4  7  2
4回戦 横創学館 先発 3 12 2 完封
準々決 東海相模 先発 5 13 6 2 147㌔ 初回1死から5連続K
準決勝 慶應義塾 先発 9 12 3 1
関東
大会
1回戦 甲府工業 先発 2 9 7 2 148㌔ 3回1死から6連続K
39 19 53 20 5 防御率 0.69

被安打率4.38    奪三振率12.23    四死球率4.62

 

凄さの見どころ

横浜高校では1年春から背番号25でベンチ入り

甲子園初戦(vs秀岳館戦 4-6)でリリーフとして全国デビュー
最速142㌔をマークした直球とスライダー
3回 1三振 3四死球 0封 の粘投を披露

左投げ左打ち
長身細身 183cm 74kg

プロ注目最速152㌔左腕

常時140㌔台前半から後半(救援)の伸びのある直球
130㌔前後で切れ良く曲がる縦横2種類のスライダー
その他の球種にカーブ・チェンジアップ

右打者のアウトコースにはチェンジアップ
真っすぐを主体にスライダーを織り交ぜる

 

気になる中学時代

千葉県 匝瑳市 2001年4月18日生まれ

八日市場二中学では匝瑳シニアに所属
中3で元U―15日本代表入り

(身長は既に181cm)

2016年7月から8月の世界大会
VS ベネゼエラとキューバ代表に0封で圧倒
U―15W杯では最優秀防御率を受賞

その中学3年生時の投球はこちら

全国の約30校もの強豪校から誘いがあったが
「甲子園も行きたいが、何よりプロに行きたい」
と横浜高校へ

入学前にはテレビ朝日系
「ビートたけしのスポーツ大将」で

プロ野球の西武の秋山選手や森選手
中日の平田選手との対戦を経験
138㌔直球で平田から空振り三振奪い
記録となった

平田選手は当時28歳
中日で1~3番を任され
ホームランバッターとも言われる
名選手

その平田選手から三振を奪う
ピッチングセンスは本当に凄い

三振を奪った際の映像が見たい方は
こちらをご覧ください

 

須賀小学校3年時に軟式野球を始める
小6で千葉ロッテJr.チームでプレー

 

気になる親

特に情報はありません

野球を初めたのは周囲の勧めとのこと
ご家族の熱心な支えがあってにことなのでしょう

お母さんが高校に入る際
「寮生活が心配です」
と話される

中学時代は野球漬け

名門 横浜高校での寮生活
彼女はプロ野球選手になってから
の話題といったところでしょうか

 

及川雅貴選手の凄さをスカウト陣発言から検証

伸びのある投球の高評価

ロッテ・永野吉成チーフスカウト
「凄い伸びしろを感じる」

日本ハム・大渕スカウト部長
「プロでも三振を取っていける、非常に将来性豊かな投手」

中日・小山良男スカウト
「制球が良くなった。追っていきたい」

DeNA・稲嶺茂夫スカウト
「右打者の膝元にしっかり放れる。スライダーが素晴らしい」

巨人・古城茂幸スカウト
「真っすぐが速くて、あれだけ腕を振って低めに
(スライダーを)投げられたら打てない。
(今年のドラフトでも)全然いけるんじゃないか」

春の選抜や夏の甲子園での活躍が楽しみです

2019 ドラフト1位指名の球団別・有力度チェック

東北楽天 阪神 千葉
ロッテ
中日 オリックス 横浜DeNA 日本ハム 巨人 ソフトバンク ヤクルト 西武 広島
佐々木 朗希
( 大船渡 )
及川 雅貴
( 横浜 )
奥川 恭伸
( 星稜 )

赤:指名濃厚・公表
◎:指名の可能性あり
◯:スカウト注目

及川雅貴選手に10球団が注目
阪神は指名の可能性ありとほのめかす

スカウト注目度は第2位

1位の
佐々木朗希選手(横浜高校)についても
知りたい方はこちらをご覧ください

3位の奥川 恭伸選手(星稜高校)についても
知りたい方はこちらをご覧ください

 

2019 年度春センバツ・夏甲子園への期待

最速152㌔を高校2年生秋の段階で投げられる
及川雅貴選手

まだまだ育ち盛りの高校2年生
名門横浜高校でのプレーということもあり
春の選抜や夏の甲子園での活躍が濃厚

テレビや甲子園でお会いできることが楽しみです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください