後悔なしのドレス選びスケジュール・結婚式のドレスを決める時期はいつ?

後悔しないための
ウエディングドレス選び。

そのためにはある程度の余裕を
持ってスケジュールを考えて
置くのがベストです。

結婚式の会場だけは抑えたけど
まだ時間があるから大丈夫。

と思っている方も心の中では
結婚式のウエディングドレスを
決める時期は実際の所いつなんだろう?

と思っておられることでしょう。

結婚式の中で
花嫁さんが最も夢を描くものの一つが
ウエデイングドレス。

そして色ドレス
和装なら白無垢や色打掛など。

祝福を受ける
最高の一日にするためにも
満足の行く気に入った衣装を
身につけてみたいものです。

タイミングを逃さずない準備方法
についてご紹介しましょう

 

結婚式のドレスの種類による準備時期の違い

ウエディングドレス=レンタルドレス
と思われる方が非常に多い
のではないでしょうか。

レンタルドレスが主流にはなっていますが
その他にも3種類のドレスがあります。

 

ウエディングドレスの種類は3つ

ウエディングドレスは
レンタルだけではありません。

その他にも決められたデザインの中から
自分で気に入ったデザインを選んで
自分の体型にピッタリのサイズに
仕立ててもらうセミ
オーダードレス。

デザイナーの方とやり取りをして
オリジナリティーにあふれた
自分だけのデザインを書き起こしてもらい。

予算に合わせて思い通りに
仕立ててもらうフルオーダードレス。

3種類の方法でウエディングドレスを
準備することができます。

 

3種類のウエディングドレスの準備時期は異なる

それぞれ取り掛からないと
いけない
時期。

挙式から逆算したリミット時期
は異なります。

レンタルドレスは
既に作られていて着ることが
できる状態になっている
ドレスを選ぶので挙式当日に
そのドレスが別の方に
貸し出されていなければ
借りることは可能です。

ですから準備期間としては
もっとも短くてもなんと
かなるでしょう。

その他のセミオーダードレス
フルオーダードレスについては
これから仕立てていかないと
いけないので時間がかかります。

フルオーダーどれすについては
デザインから書き起こしていくので
セミオーダーどれすよりも
更に時間がかかります。

具体的に見ていきましょう。

 

結婚式のレンタルドレスにする場合

まずは会場と提携のある貸衣装の
お店に行ってみましょう。

提携のない貸衣装のお店の衣装の場合
持ち込み料がかかってくることが
多いからです。

 

レンタルドレスのお店へ来店する時期

最低でも2ヶ月前には衣装選びに
出かけましょう。

例えば結婚式まであと1ヶ月
そんなギリギリの時期にはせず。

2ヶ月よりは遅く
ならないようにしましょう。

結婚式当日に気に入ったその衣装が
既に予約されていたら借りる
ことはできません。

ですから2ヶ月とは言わず
早め早めの予約が良いでしょう。

予約は1年前から受け付けています。

まだ先だから大丈夫などとは考えずに
行動していくことが大切です。

 

レンタルドレスを早く決めるとの利点

早めに行動することで他の方が予約を
する前に
気に入ったドレスを借りましょう。

ドレスを決めておくとドレスに
合わせたテーブルコーディネート
会場設営にまつわる飾りなど
打ち合わせがスムーズに出来ます。

ドレスの色と会場の色合いや
テイストが異なるとミスマッチとなり
素敵な空間を演出することは
できなくなってしまいます。

ドレスに合った飾り付けのするのが
一番です

 

気に入ったウエディングドレスが見つからない時

貸衣装のお店によって異なりますが
様々なウエデイングドレスが
準備されています。

しかしながら自分の身長や
体型に合った似合うドレス。

気に入ったデザインのドレス
が見当たらなかったり既に予約が
入っていて借りることが
できなくなっている場合もあります。

妥協をして残念な気持ちを持ったまま
衣装を決めてしまうのも残念なことです。

そんな場合はまず会場側プランナーさんに
持ち込み料について確認をしてみましょう。

以外と提携外の貸衣装のお店で
ドレスを選んでも持ち込み料を
おまけ(無料)にしてくれたり
割り引いて(例えば半額)に
してくれたりと融通を利かして
くれる場合もあります。

諦めずに持ち込み料について
相談・交渉をして提携外の別の
貸衣装店で気に入ったドレスを
探すことを試みてみましょう。

 

結婚式のセミオーダードレスにする場合

デザインは決められていますが
自分の体型にピッタリのサイズに
仕立ててもらうセミ
オーダードレス。

自分だけのドレスなので
楽しみもさらに膨らみます。

 

セミオーダードレスのお店へ来店する時期

仕立てているお店デザインに寄って
異なりますが
1~4ヶ月かかる
ところが多いようです。

デコラティブなものになると
仕立てるのに時間がかかり
納期も遅くなります。

結婚式から逆算して直前よりは
1週間前くらいには手元に
届くように
納期時期を
設定しましょう。

 

セミオーダードレスを作りたいけど気になる点がある

自分のサイズにピッタリのドレス
なのでフルオーダーまでは出来ないけど
セミオーダードレスにしてみたい・・・

でもデザインが決まっているので
この部分だけ気に入らないの・・・

そんな場合は
セミオーダーのお店に
部分的な変更を申し出てください

セミオーダーとはいえ
結構アレンジをしてくれます。

詳しいことについては
ドレスの選び方で紹介しています
のでこちらを御覧ください。

 

結婚式のフルオーダードレスにする場合

デザイナーさんと打ち合わせをして
デザインを起こすところから始まります。

サイズ感はもちろんあなたに
あわせて作るのでぴったりです。

フルオーダードレスのお店へ来店する時期

あなたがうまくデザインのイメージを
伝えることが出来ます。

デザインを絵コンテに起こしてもらってから
5~6ヶ月程度の期間が必要となってきます。

レースやスパンコールなどの
デコラティブの度合いが多くなれば
時間は更にかかります。


オリジナリティーにあふれた衣装を
選びたい場合は
10ヶ月前などの
更に早い準備を心がけましょう。

 

フルオーダードレスを作る期間の特例

特例の私のお話です

フルオーダーで
ドレスを仕立てました。

かなり急いでいただいて
4ヶ月で仕上げていただきました

なぜ4ヶ月の期間で出来たかと
言うと依頼をした初日から
結婚式までが4ヶ月しかなかった
ので猛スピードで仕立てて頂いた
事によるものです。

柔軟に対応を頂いて
有り難いばかりです

しかしながら、
余裕を持った行動がオススメです。

 

 

結婚式のドレス選びも先手必勝

レンタルドレス、セミオーダードレス
フルオーダードレスなどいずれのドレスを
選ぶにしても先手必勝です❣

早い目の行動は色々な
選択肢を広くしてくれます。

是非早めの行動を心がけて
気に入ったウエディングドレスで
思い通りの結婚式にしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください