結婚式の招待状を出す日と返信の時期についてご紹介

招待状はいつ送れば良いのかしら?

返信時期はいつ頃に設定したらいいのかな?

なんて、結婚式の準備を進めておられる方なら
持つ疑問ではないでしょうか。

式場や披露宴会場を決めてホテルや
結婚式場のウエデイングプランナーさんに
お任せされる方は、
ナビゲートしてくださるので大丈夫です。

しかしながらレストランウエデイングを考えておられたり
ウエデイングプランナーさんがおられない場合には
誘導していただけないので気をつけなければなりません。

またウエデイングプランナーさんに言われる前に
動いて期待と思われる方はその時期を把握しておきたいものです。

結婚式の招待状を出す日と返信の時期について
ご紹介していきますので参考にしてみてください。

 

結婚式の招待状を送る時期はいつ?

ホテルや披露宴会場のウエデイングプランナーさんとの
打ち合わせが始まるのが挙式の3ヶ月前です。

まず1回目の打ち合わせで招待状の作成を始めます。

送付時期についてはおよそ2~2.5ヶ月前の大安の日の
消印となるように投函するように勧められます。

例えば12月末に挙式を考えている方なら
10月初旬の大安に日に出して
その大安の消印になるように投函します。

急に挙式が決まった場合などでは
1~2ヶ月前に招待状を出される場合もあります。

「みんなのウエデイング」サイトでのアンケート結果では

送付時期
1位 2~3ヶ月未満 56%
2位 1~2ヶ月未満 26%
3位 3~4か月未満 11% 

という結果になりました。

挙式準備を始めるに当たって初めに行いましょう。

 

結婚式の招待客へのお声掛けはお早めに

招待状は概ね来て頂ける返事を頂いている方に
向けて送付します。

確定されていない方に招待状をおくるのは費用的にも
かなり負担が大きくなってしまいます。

結婚式の日が決まって、会場が抑えられた時点で
予め親戚や友人職場の方々には口頭で日時や会場をお伝えして
来て頂けるかの確認をとっておきましょう。

お忙しい方ならなおさらのこと
早い目の時期にお声掛けしておくと
予定を開けておいて頂けます。

式場を予約される時期にもよりますが
半年前を目安にお声掛けすると良いでしょう。

もっと多忙で1年前からスケジュールが
詰まっていくような方を
来賓として迎えたい場合は
1年前からお声掛けして置くと良いでしょう。

招待状を作成する頃の3ヶ月前に知らされても
既に予定が入っておられる方も
おられるので
早い目の行動がオススメです。

そしてお声掛けをしたときに
出席の返事が頂けた方に対して
後日招待状を
送付させていただく旨をお伝えするといいでしょう。

 

 

具体的な招待状の作成方法が知りたい方
こちらで紹介していますので御覧ください。

また、招待状の文章をオリジナルの文章にしたい
という方はこちらの記事を御覧ください。

結婚式の来賓の人数変更はいつまで出来るの?

招待状では出席して頂けるようにお返事を頂いていた方でも
直前になって体調不良や不意な出来事により
急遽欠席のご連絡を頂く場合があります。

その際の対処方法やいつまでまでなら変更が
可能なのかなど知っておくと焦る要因が減るので
もしもの時には便利です。

 

席次表の変更について

急な変更で一番早く支障となるのが席次表の印刷です。

ホテルや披露宴会場のウエデイングプランナーさんに
お願いをしているのであれば1
ヶ月前に
来賓の席次表の提出を求められ印刷に入ってしまいます。
変更がわかり次第
変更しておきましょう。

提出後も間に合う場合があるかもしれません。
とにかく変更がでればいち早くウエデイングプランナーさんに
お伝えするようにしましょう。

席次表を自分で作られる場合は
あまり早く印刷しないようにしておきましょう。

自分で変更するので変更期限はありません。

しかし作り直すとなると席次表の用紙が無駄になってしまうので
不安な方がいらっしゃるようであれば印刷出来る状態にまで
作っておいて印刷はすこし待つようにするといいでしょう。

 

披露宴会場の出席人数の変更について

実際のホテルや披露宴会場での人数変更は会場にもよりますが、
お食事は3日前まで変更出来ます。

あくまでおおよその日数です。

詳しい日程は会場側のウエデイングプランナーさんに
確かめてみてください。

ホテルに依頼している引き出物や引菓子の変更について

引き出物や引菓子をホテルや会場に依頼されている場合は
1週間前まで数量の変更が出来ます。

持ち込みの引き出物や引菓子については
変更が分かり次第相談してみましょう。

渡しの場合急遽体調不良により欠席者が出てしまいました。

引き出物に関しては持ち込みをしていたこともあり
変更が出来ませんでした。

しかしながらその引き出物を
お祝いのお返しとして流用しました。

そんな工夫もできますので急遽の変更が出来なくても
無駄にはならないので焦る必要はありません。

急な変更にも動揺することなく冷静に対応していきましょう

 

招待状の送るタイミングや返信ハガキの返事もきちんと確認を

ホテルや会場の担当のウエデイングプランナーさんが
先導してくださることが多いのでできるだけ
期日を守りながら勧めていきましょう。

多少期日が遅れたとしても差支えはありませんで
焦りすぎずミスの無いよう着実に準備していきましょう。

特に宛名に関しては住所やお名前の記入にまります。

お名前を間違えて送ってしまった・・・
なんて失礼が無いように確認をくりかえして
慎重にすすめていくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください