あなたの挙げたい結婚式の挙式スタイルはどれですか?メリット・デメリットを種類ごとにご紹介

あなたの結婚式
神社、チャペル、仏前、人前挙式

そしてそれらを行う場所はホテル、
料亭、ストラン、総合結婚式場など

いろいろな選択肢がある中で
どこにしようか本当に迷ってしまいますよね。

会場ごとにメリットやデメリットは
いろいろとあるものなんです。

それぞれの挙式スタイルと会場の特徴的な
メリット・デメリットについてご紹介していきます。

 

あなたが挙げたい結婚式の挙式スタイルについて

結婚式言えば、神前、チャペル、仏前、
人前といった挙式スタイルがあります。

またその挙式ができる場所は
神社、教会、お寺、総合結婚式場、
料亭、レストランなどがあります。

更に挙式ごの披露宴が出来る場所は
ホテル、総合結婚式場、料亭、レストランがあります。

いろいろな組み合わせが考えらるので
挙げてみると、例えば

ホテル内の神前やチャッベルで結婚式を行い
そのままホテルで披露宴を行う方法、

宗教に左右されないホテルのロビーで
人前結婚式を行いその後結婚披露宴を行う方法、

神社、お寺、教会で結婚式を挙げて
その後ホテルや料亭レストランに移動し披露宴を行う方法、

神社、お寺、教会で結婚式を挙げて
そのままタイアップしている総合結婚式場で
披露宴を行う方法、

料亭やレストランんで人前結婚式を挙げて
そのまま披露宴をする方法など選択肢がたくさんあります。

 

神前結婚式について

神社境内での挙式をうことが出来る結婚式と、
ホテル内の出張して設置された神殿で
挙式を行う結婚式があります。

 

神前結婚式のメリット

白無垢や打ち掛けなどの和装がしたいと
思われている花嫁さんに、オススメの挙式スタイルです。

神社境内での結婚式については
その土地の文化を活かした
結婚式をすることが出来ます。

例えば観光の名所の京都には神社が多く
神前結婚式が人気です。

ホテル内にも神社の分院が設置されています。

そのホテル内での神前挙式を行う結婚式については、
同じホテル内での移動になるため、
寒すぎて凍えそうとか汗で衣装が濡れてしまうといった
気温にまつわる心配はありません。

雨や雪に濡れてしまうといった
天気に左右されることもまたありません。

最近ではホテルに出張した神殿で行う神前挙式で、
100人程度の列席者が入場できる
ようなホテルも出てきました。

 

神前結婚式のデメリット

神前結婚式の最大のデメリットは、
神殿に入ることのできる人数に限りがあり
基本的には親族のみの参列になります。

神社にもよりますが新郎側と新婦側
それぞれ15人~25人程度が目安になります。

神社によっては神前の外から友人などに
見守ってもらうことができ、
間接的にではありますが参加できるように
なっている神社もあります。

神前での写真撮影は禁止されているため
神前結婚式そのものを記念写真として
収めることはできません。

一部のホテル内での神前挙式では
備え付けられたカメラから撮影して、
記念写真として残せるように
配慮されている会場もあります。

一概には言えない特徴がそれぞれの神社で
ルールがある場合があります。

神社によっては外を歩かないといけないので
雨や雪が降ると衣装が濡れてしまう可能性があります。

屋根が設置されて濡れないように
工夫されている神社もあります。

是非、気になる神社があれば
自分の目で確かめに行きましょう

 

 

仏前挙式について

お寺に祀ってある本尊さまの前で
御仏や先祖に夫婦の誓いを行うのが仏前挙式です。

馴染みは薄いかもしれませんが
お寺では昔から結構行われてきた、
神前結婚式と同様に歴史がある
挙式スタイルです。

 

神前結婚式のメリット

お寺のお堂の広さによもりますが、
仏前の収容可能人数内であれば対応していただけます。

お堂が広いお寺で行うと結婚式に
参加していただける親族や友人も多くなるわけです。

私の友人は嫁ぎ先がお寺だったため嫁ぎ先の
お寺で仏前挙式を行っていました。

お寺によっては普段、開放していないお庭や
お堂を特別に拝観させていただけるところもあります。

 

神前結婚式のデメリット

神前挙式に比べて人気の度合いは高くありません。

その分馴染みが少なく参加者の作法など
戸惑いが生じる事があるかもしれません。

もちろん説明は進行しながらしてくださいますので
心配することはなく問題なく行うことが出来ます。

詳しくは実際にお寺へ足を運んで
確認していてみましょう

 

チャペルウエディングについて

純白のウエディングドレスを着て
ヴァージンロードを歩きたい❣
という方にはオススメです。

 

チャペル結婚式のメリット

日本で発達してきたキリスト教の文化。

そのキリスト教にはカソリック教会と
プロテスタント教会という大きく分けて
2種類の宗派があります。

(実際はローマ教会など他にも数種類あります。)

カソリック教会には聖母マリア様や
イエス様の像があり映えるかと思います。

プロテスタント教会ではステンドグラスが
とてもきれいですが
像そのものはありません。

そちらの教会でも独特な静寂の雰囲気があります。

チャペルウエディング用に準備されたチャペルでは
特にステンドグラスなど見栄えがするように
作られているのでとっても魅力的です。

 

チャペル結婚式のデメリット

チャペルウエディング用に準備されたチャペルや
地元の教会での挙式となると

オルガニストや聖歌隊などに
挙式をする目的で来て頂かないといけません。

ですから出張料金などがかかってしまい
金銭的負担が増える場合があります。

例えば京都の同志社大学では卒業生が使用できる
チャペルウエディングプランが設定されています。

そこでの挙式は聖歌隊や神父さまの手配に
料金が発生して他のチャペル結婚式に比べると
割高な料金となっています。

 

人前挙式について

料亭やレストラン、ホテル内でもの
ロビーで挙式を
することができます。

「人前」という文字が示す通り人の前で行う結婚です。

お互いいの宗教感にとらわれることなく
多数の皆様から祝福を受けたい方にオススメです。

 

人前結婚式のメリット

特に決まりがあるわけではありません。

ですから形式にとらわれたくないという方には
オリジナリティーな趣向を取り入れて
素敵な結婚式をプランニングできます。

料亭やレストランの場合は
交渉次第で貸し切って結婚式を挙げることが出来ます。

 

人前結婚式のデメリット

形式がないため
アレンジの幅は広がります。

他の挙式スタイルに比べると
新郎や新婦がスピーチする機会も
多くなる場合が多くなります。

そんなセッティングが面倒であったり
人前で話すことはとっても苦手
と思われる方には向いていないかもしれません。

 

あなたが挙げたい結婚式の会場について

結婚式の会場については、ホテル、料亭、レストラン、
総合結婚式場などと種類があります。

 

挙式と披露宴の会場が同じ場合

挙式会場と披露宴会場の場所が同じなので
移動がスムーズに行きます。

例えば、披露宴会場となる本館とは別の
屋外にチャペルが設置されている場合があります。

披露宴会場と同じ建物で挙式ができる会場もあるので
それぞれの会場に問合わせてみましょう。

 

挙式と披露宴の会場が異なる場合

タクシーでの移動が必要な場合があります。

例えば、神社で挙式を行って
その後ホテルに移動して披露宴を行う場合です。

移動の手間はありますが
憧れの神社やチャペルやお寺などがある場合は、
挙げたい場所ですることがオススメです。

 

様々な挙式のスタイルと会場のメリットとデメリットを考慮して

神前、チャペル、仏前、人前での挙式スタイル
ホテル、料亭、レストラン、総合結婚式場などでの結婚式というように
色々なスタイルの挙式や披露宴会場があります。

是非、特徴を把握して素敵な結婚式にしていきましょう❣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください