結婚式の会場予約はどれくらい前にするのがベスト?時期別のメリット・デメリットをご紹介

大勢の方々に自分のためにお集まりいただける
自分が主役の結婚イベント。

思い通りの日時や場所で結婚式や結婚披露宴を
やってみたいと持っている方も多いはず。

結婚式の予約はどのくらい前に予約するのが
良いのかなあ?

始める時期によってどんなメリットや
デメリットがあるのかな?
などなどそんな疑問を解消します。

タイミングを逃すことなく着実に予約を入れましょう

 

結婚式の予約はどの時期から始め人が多い?

マイナビウエディングが2016年に行ったアンケート結果によると、
1位 6ヶ月前(48.1%)、2位 1年前(24.9%)
3位 9ヶ月前(21.6%)と、

長い人では1年前から準備を着々と行っているようです。

1年前というスタート時期は、
結婚式場の予約開始が1年前に設定にしている式場が
多いことが考えられます。

予約開始とともに動き始めるといったところです。

一部のホテルや式場では1年より前から
予約を受け付けている式場などもありますので、
気軽にお電話で確認をするといいでしょう。

 

結婚式の予約を1年前がベスト

結婚式の予約は1年前から受け付けている
会場が多いです。

会場見学は1年以上前からでも
受け付けてもらえます。

会場に対する希望や思いが強い様なら
早め早めの行動がオススメです。

 

結婚式の予約を1年前にすることのメリット

記念の場所や思い入れのある人気の会場と
お昼ごろの適当な時間に挙式をし、
披露宴も行いたいという方
このタイミングは人気のタイミングです。

なぜなら来賓にとっても挙式を上げるお二人にとっても、
準備が早朝過ぎず余裕を持ってできるからです。

そのような方は
1年前から行動にするようしましょう。

例えば、京都のパワースポットで人気の下鴨神社。

この神社での神前結婚式を希望するのであれば
超人気会場なので1年前からの予約をおすすめします。

私は9ヶ月前に問合せてみたところ
もう朝の早朝しか空いていない状況でした。

いわゆるブライダルシーズンである
5月、6月、10月、11月などの
土曜日や日曜日の
大安や友引はあっという間に埋まって
しまっています。

ですから人気の会場は既に予約が埋まっていて
別の場所を検討するか、日時を変更するかなど、
思い通りにというわけには行かなくなってしまいます。

ですから早め早めの行動が不可欠なのです。

 

結婚式の予約を1年前にすることのデメリット

予約に関するデメリットはありません。

あえて言うのであれば
準備期間がたっぷりあるからと思って、
予約だけして放置してしまうこともあるかもしれません。

結婚式場や披露宴会場とのやり取りは
3ヶ月前
から行うのが一般的です。

衣装やブーケ、ウエルカムスペースの飾りなど、
準備できるとこは
積極的に行うように心がけましょう。

 

結婚式の予約は9ヶ月前でも大丈夫

9ヶ月前からでも超人気の式場でなければ
まだ予約は取れることが多いです。

時間によっては既に予約が埋まっているかもしれません。

 

結婚式の予約を9ヶ月前にすることのメリット

電話で簡単に予約状況の確認に対応してくれるので
希望の場所が決まっている場合は、
とにかくお電話をしてみると良いでしょう。

迷っていると希望の時間は
どんどん埋まっていってしまいます。

仮予約ができるので
まだ会場を見ていないからどうしよう?

なんて思う人は仮予約を
済ませておいたほうが良いかもしれません。

り予約から本予約に変更するまでの期間は、
1週間程度で
あることが多いですので
1週間の間に会場見学を行ってお返事できるといいですね。


1週間の程度の仮予約期間ではありますが
仮予約の期間を延長してくれる会場もあります。

間に合わなければ相談してみることをオススメします。

かなり好意的に融通を効かせた対応をして頂けることが多いです。

私の場合は彼にも会場を見て納得してから予約を
したかったので彼が会場見学に足を運ぶまでに
時間がかかってしまいました。

そのため1ヶ月近く延長してもらいました。

いずれにしても、やっぱり早め早めの行動が
良いことに越したことはありません。

 

結婚式の予約を9ヶ月前にすることのデメリット

1年前の予約を行うときと同様予約したことに安心して
なにもせず放置ということにならないよう小物を作成するなど
できそうな準備は着々と行っていきましょう。

 

結婚式の予約は6ヶ月前でもまあ大丈夫

会場の予約次第です。

人気の会場はあっという間に準備や来賓が
行動しやすい時間から埋まっていきます。

両家の挨拶が済んで結婚式のお話が出たら、
会場探しの見学に行くなど行動を起こして行きましょう。

 

結婚式の予約を6ヶ月前にすることのメリット

お二人が考えておられる日時に空きがあるか
ちょっと心配になってくる時期です。

何通りかの選択肢を考えて
行動してもいい時期かもしれません。

電話での問合せやお忙しい方は
ホームページからのお問い合わせで予約状況を
確認されることも積極的に行ってみましょう。

式場予約を行って他の準備をするに当たっては流れに沿って、
モチベーションも途切れることなく行えるいい時期だと思います。

他の準備についてもどんどんやっていきましょう。

 

結婚式の予約を6ヶ月前にすることのデメリット

希望の会場と希望の日時が既に予約で埋まっている
可能性が高くなることが一番のデメリットです。

そこは会場に確認してみるしかないので、電話や
お問い合わせフォームで積極的に確認していきましょう。

 

結婚式の予約が3ヶ月前でもなんとか大丈夫

挙式を急がないといけない理由のある人は
3ヶ月前からでも何とか準備は可能です。

偶然キャンセルが出て予約が取れる場合などもあります。

人気の会場と日時によっては既に埋まってしまっている場合が
多いとは思いますが、
諦めずに電話で予約状況を
とにかく確認してみましょう。

 

 

結婚式の予約を6ヶ月前にすることのメリット

 

式場によっては3ヶ月前になると直前予約の特典が
付加されるプランがある
場合もあります。

特に場所にこだわらない方にはお得に挙式が挙げられます。
その分の余裕を別のところを充実させることができる
賢い結婚式の方法かもしれません。

 

結婚式の予約を6ヶ月前にすることのデメリット

予約が埋まってしまっていて希望の会場や
日時を変更せざるを得ない可能性が高いとは思います。

とくにこだわりが無かったり急がないといけない理由が
ある方は、諦めずにとにかく問合せて行動に起こしてみましょう。

動き出すと意外なところでスムーズに
行く運も回ってくることが必ずあります。

ちょっと忙しいですが期待と希望を持って頑張って見ましょう。

 

予約状況の確認を

幸せいっぱいのひとときを過ごす
結婚式というお大きなイベント。

予約確認をまずは行ってから予約の状況次第で
次の事を考えるようにしていきましょう。

素敵な一時を自分たちのためにできる結婚式

思い通りの結婚式にするには先手必勝

可能であれば1年前を目安に予約を入れてみましょう。

時期や来賓の来ていただきやすい時期など何が大切なのかを
考えながら
運も味方につけて自分の思いにあった
結婚式を実現させましょう❣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください